【妄想小説】パンツ探し

 

パンツ探し

今日は、パートナと少しゲームをして遊ぶ事になった。
『パンツ探し』だ。ゲームは簡単、パートナが履いていたパンツを、私に渡して、私を見つけた後に条件をクリアしたら、勝ちという物だ。

今日このゲームを行うのは、春に高校を卒業したばかりの娘だ。出身は、少し離れた街になるが、静岡市内まで来てもらった、知り合いが少ない方が、気兼ねなく出来る事でもある。

待ち合わせ場所は、静岡駅にしている。間に合わせは、少し早めの時間にしている平日である事から、行き交う人は多いが、目的地が決まっている人ばかりなので、待ち合わせをしているとすぐに解る。美里はすぐに見つかった。指示した服装できている。

薄手のカーディガンを羽織って、膝上のスカートを吐いている。ストッキングではなくニーソを吐いてくるように言ってあった

まずはルールを、美里に説明する。
スタートに関しては選ばせる事にしている。
・パンツを履いたままオナニーをして、その動画を取られるか?
・おもらしをして、その動画を取られるか?
・アナルに挿入させられて射精されるか?

先日まで処女であった、美里は、処女のままアナルセックスを覚えた。
処女卒業をしたのはつい先日だが、それまでにアナルは何度も犯している。その為に、アナルでのセックスはかなり出来るようになってきている。今日も、アナルの中を綺麗にしてから来たと言っていた。


本文は、小説家になろうに投稿。

パンツ探し

を、見て下さい。