Warning: preg_match(): Unknown modifier '/' in /home/tassmania/loosestick.net/public_html/wp-content/plugins/wassup/wassup.php on line 1342
小説情報 | 沙紗人の調教日記

小説情報の記事一覧

2018/01/04

【小説紹介】るるの日常えっちな冒険

るるは、ちょっとだけエッチが好きな女の子。 そんなるるのエッチな日常の一コマです。 冬休み。普段出来ない事を、”やろう”とした事が、ちょっとした冒険心が、新たな扉を開くきっかけになってしまった。 — イメージプレイの為に書いた小説になります。 小説家になろうで、小説を読む るるの日常エッチな冒険

続きを読む

2017/09/12

【イメプ小説】学校のトイレ

学校のトイレ 学校には、電車で通っている。 だから、朝から雨が振っていると憂鬱な気分になってしまう。 電車の中で、知らない人の傘で、制服が濡れてしまうし、ジメジメして気持ち悪く感じてしまう。 特に、今日の雨は強かった。 その為に、靴下が濡れてしまった。替えの靴下は持ってきているけど、靴まで濡れてしまっているから、履き替えても、また濡れてしまう。 しょうがないので、今日は素足で過ごす事にした。 幸いな事に、学校は女子しかいない。男子は先生だけだ。 イメプ用の文章です。 続きは、学校のトイレ  から読んで下さい…

続きを読む

2017/09/06

【妄想小説】パンツ探し

パンツ探し 今日は、パートナと少しゲームをして遊ぶ事になった。 『パンツ探し』だ。ゲームは簡単、パートナが履いていたパンツを、私に渡して、私を見つけた後に条件をクリアしたら、勝ちという物だ。 今日このゲームを行うのは、春に高校を卒業したばかりの娘だ。出身は、少し離れた街になるが、静岡市内まで来てもらった、知り合いが少ない方が、気兼ねなく出来る事でもある。 待ち合わせ場所は、静岡駅にしている。間に合わせは、少し早めの時間にしている平日である事から、行き交う人は多いが、目的地が決まっている人ばかりなので、待ち合…

続きを読む

2017/07/11

【短編】静岡市内での調教(妄想)

依頼が有ったのは、”調教依頼”からだった。 『逝くことができないのが悩み』だと話していた。初めてセックスしたのは、高校の時、一つ上の先輩に言われて、興味もあってセックスをした。 痛さはそれほどでもなかったが、そんなに気持ちいいものでもなかった。 それでも、求められればセックスをしていた。逝く寸前で怖くなったり、濡れなくなって痛くなったり、続けてやる事ができなくて、冷めてしまって結局逝くことが出来なかった。 セックスの経験はあるが、それほど気持ち良くはならなかった。 ムラムラはするし、オナニーもしている。でも…

続きを読む

2017/06/16

【志願奴隷】プレイ開始

志願奴隷 2017/06/16 12時更新 8話:『プレイ開始』 食事をしてから、街中をすこしふらついた。 さわを連れているが普通のすこし仲がいいカップルに見えるのだろう。 注目される事もなく、次の目的地に着いた。 所謂ドンキ○ーテだ。 ここで、さわの日用品をまとめて買う事にしている。 さわに、その旨を伝えて、上の階から見ていく事にした。 靴をサンダルとスニーカを一足ずつ購入した。 座らせて、靴を試す時に、脚に触れただけで、身体が反応しているようだ。 大きく開けた脚の奥には、濡れたマンコがはっきりと見える。…

続きを読む

2017/05/12

【アカリの妄想日記】学校での日常・・・?

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 学校での日常・・・? 「アカリ。おはよう。」 「綾子。おはよう。」 お互いに全裸だったのを確認する様にまた抱き合ってからキスをした。 「アカリ。朝ごはん食べるの?」 「うん。何か軽く食べてから学校…

続きを読む

2017/04/30

【アカリの妄想日記】アカリの家で・・・

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 アカリの家で・・・ 部室で、綾子と抱き合ってお互いのマンコを刺激しあってから、洗濯が終わった合図で、お互いに服装を整えて帰る事にした。 学校から帰って来て、アカリは、自分の部屋で今日あった事を思い…

続きを読む

2017/04/23

【アカリの妄想日記】学校での日常(後編)

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 学校での日常(後編) アカリは、部活の為に、体育館に向かっている。 部活の卓球は見た目以上に動きが有るので、ノーパンで動くとスパッツにマンコが擦れてしまっている。 パンツを履いていないだけで、こん…

続きを読む

2017/04/16

【アカリの妄想日記】 学校での日常(前編)

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 学校での日常(前編) 始業式から3日が経過した。 その間、アカリには毎日の様に指示が出ていた。 朝、先生からアカリにその日に履いているパンツを見せなさいと指示が出て、制服に着替えてから、自分のスマ…

続きを読む

2017/04/13

【アカリの妄想日記】先生の家で

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 先生の家で アカリは、先生の家に足を踏み入れた。 小奇麗にしている家は、先生一人で住んでいると言っていた。別に彼女が居ても不思議じゃなかったが、玄関にも先生の靴しかなかった事を、アカリは確認してい…

続きを読む

2017/04/11

【妄想小説】アカリの妄想日記

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 妄想から現実へ アカリは学校ではそんなに目立つ存在ではない。 どこにでも居る普通の女の子だ。でも、すこしだけ秘密がある。 それは、担任の先生の性奴隷になってしまっている事だ。 先生とは、父親と同じ…

続きを読む

2017/03/20

【エロ小説】私と彼女のお泊りの秘事

『まゆ』と『あすか』は友達だ。 親友と言ってもいいかもしれない。 でも、そんな親友のあすかにまゆは言えないでいる秘事がある。 そんな秘事を抱えたまゆがあすかとお泊りをする事になった。 http://ncode.syosetu.com/n4816dw/ まさか、まゆがあすかの目の前でおもらしするとは・・・。 そんな二人の思いが交差する情事。   お泊りとなっていますが、泊まりの前段階で終わりです。 続きを読みたいという要望が着ましたら、時間が出来た時に、続きを書きたいと思います

続きを読む

2017/03/18

【エロ小説】ひかり。初めての調教

ひかりは、処女調教をうけ、処女から大人の女性にステップアップを果たした。 そんなひかりが彼氏ができ、彼氏とのセックスを経験してから、再度連絡をしてきた。 彼氏とのセックスでは刺激が足りなかったんだという。 調教されながらのセックスをまた経験したくなったのだという・・・・。 http://ncode.syosetu.com/n3672dw/

続きを読む

2017/03/09

【エロ小説】志願奴隷

僕は趣味で小説を書いて発表していた。 その作品には僕が普段から利用している電車や行動スタイルを書いていた。そして、僕の性癖まで、それを読んで勘違いした奴隷志願者。 ありもしない幻想にとりつかれた二人の淡いプレイ事情。 http://novel18.syosetu.com/n3753de/

続きを読む

2017/03/09

【エロ小説】奴隷市場

こんな夢を見たことないだろうか? 縛られている夢を、見知らぬベットの上で 足と手 を固定され、口には口枷をさせられ、耳には耳栓をされ、自由が利かない自分の周りを何人もの人間が値段を付けていくのを...。 頭も固定され、目には何か解らない装置を付けられて、正面部分しか見られないようになっている。その正面はるか前方に、大きな鏡があり、そこに自分の姿が映し出されている。露になっている秘部を皆が見ながら、紙に金額を書いて、立ち去っていく。 http://novel18.syosetu.com/n3757de/

続きを読む
1 2 3