おしっこ

【短編】静岡市内での調教(妄想)

依頼が有ったのは、”調教依頼”からだった。

『逝くことができないのが悩み』だと話していた。初めてセックスしたのは、高校の時、一つ上の先輩に言われて、興味もあってセックスをした。
痛さはそれほどでもなかったが、そんなに気持ちいいものでもなかった。
それでも、求められればセックスをしていた。逝く寸前で怖くなったり、濡れなくなって痛くなったり、続けてやる事ができなくて、冷めてしまって結局逝くことが出来なかった。

セックスの経験はあるが、それほど気持ち良くはならなかった。
ムラムラはするし、オナニーもしている。でも、逝くことができなくて、余計にムラムラしてしまう。

そんな悩みを抱えていた。
大学生になって、先輩とも別れた。セックスする相手もいないまま、オナニーを続けていた。

クリの剥き方。毎日のパンツのチェック。排泄管理や自慰管理を行っていた。
逝くまでは出来なかったが、かなり気持ち良くなれるようになっていた。最後のひと押しが出来れば”逝く”事ができそうだった。

そこで、まずは動画で自分のオナニーを撮影させた。
次に、自分で撮影した動画を見始める前に、オナニーを始める。途中から、動画を見始めて、徐々に触っている時間を伸ばすようにした。
10分を越えた辺りから、今度は普段やらないような事をやらせるようにした。

まずは、バイトから帰ってくるときに、外のトイレでパンツを脱いでノーパンになって、次に見つけたトイレで、マンコを触ってグチョグチョに濡れるまで触ってから、トイレを出る。最初は、その状態で部屋に帰って来て、できそうな時にはビデオ通話をしながらオナニーをさせていた。それでも、やはり最初の事は逝くまでは出来なかったが、徐々に触っていられるようになっていた。
何回かそれを繰り返していたら、オナニーで逝くことができた。そして、次にはオナニーをしている時に、おしっこ我慢した状態でオナニーさせて、我慢の限界まで触るようにさせた。
何度か、我慢できないでお漏らしになってしまった。しかし、何度めかのおしっこ我慢オナニーのときに、逝ってから、座り込んでおしっこをする事ができた。
それから、何回かに一回は”逝く”事が出来るようになっていた。

”逝く”事が出来るようになると、次は挿入したくなってきた。
でも、今はセックスする相手もいないし、セフレもいない。そもそも、セフレは怖くて作れない。

話を聞くと、電車で数駅の所に住んでいる事が解った。
いきなりの挿入は怖いけど、チンコを触ったり、しゃぶったり、マンコを触られたりはしてみたいという事だったので、タイミングを合わせて会うことになった。

【ななみ】おしがまオナニー

ありがとうございます。自分なりに頑張って見ようと思います。

はやく剥けるようになっていきたいです。

言葉で直接表現されるととても恥ずかしいことをしてたんだなと実感してきました。

 

今回は2の指示を実行しました。

お風呂場でおしっこ我慢をしながら弄っていたら、最初は尿意の方が勝っていたのですが、段々と気持ちよくなってきて足ががくがくと震えてきました。
また、暫くは続けると今度はおもらししてしまったのかというぐらいの開放感と気持ちよさが襲ってきました。
そして、その後立ったまま逝ってしまいました。
その後におもろしをして座り込んでしまいました。

次回もよろしくお願いします。

【処女調教】学校帰りの指示

次の中から出来そうな事を実行しなさい。

1. 部屋に帰ってきたら、全裸になってからマンコを触りなさい。逝くまでマンコを触っているようにしなさい。

2. 帰ってきてから、次におしっこに行きたくなった時に、パンツの上からマンコを限界まで触っていなさい。我慢の限界までパンツの上から触っているようにしなさい。逝くまでおしっこが我慢出来なかったら、罰としてその時に履いていたパンツを見せなさい。

3. マンコにストローを入れてオナニーをしなさい。綿棒でアナルを綺麗にしながらオナニーするようにしなさい。

【処女調教】 初めての調教指示

そうなんだね。
それじゃお家の人がいなければ、エッチな事ができそうだね。

私の調教では、幾つかの指示を出します。その中から出来そうな事を、選んで実行してみなさい。無理な指示はしないようにするけど、出来そうな物を選択してみるのだよ?

今日の指示です。
次の中から出来そうな事を選んで実行しなさい。

1. 部屋で過ごしている時に、履いているパンツを脱いでノーパンになって1時間以上過ごしなさい。その間、マンコを触らないようにしていなさい。その後で、綿棒で「アナルの周り」を綺麗にするように刺激してみなさい。

2. ムラムラしてきたら、カーテンの隙間とかから外を見ながらパンツの上からマンコを触ってオナニーしなさい。パンツがグチョグチョになったら、脱いで直接触りなさい。

3.おしっこに行きたくなった時に、トイレでパンツを履いたままマンコを触ってみなさい。最低でも5分間は触るようにしなさい。できるだけ長く触っているようにしなさい。

【調教指示】おしっこ調教(処女向け)

1. 100均とかで捨てて良いようなパンツを購入する。そのパンツを履いて、公園のトイレでおもらしをしなさい。おもらししたパンツは、透明のビニールに入れて、外のゴミ箱に捨ててきなさい。

2.おしっこを我慢した状態で、お風呂に入りなさい。お風呂では、シャワーでマンコを刺激しながら、できるだけおしっこを我慢していなさい。気分的な物で3分以上はシャワーで刺激しながらクリを指で触っていなさい。

3.部屋でビニールにおしっこをしなさい。おしっこを貯めたビニールを見せられそうなら見せてみなさい。その後、できるだけパンツを履かないで過ごしていなさい。

【イメプ】先生の前でおしっこ

設定

例えば、みみさんが女子高校生役になって、私が担任の先生の役で、部活で遅くなった、みみさんを私が車で送っていく所から話が始まる。 車で30分の道のりだったが、外は大雨。そして、車の事故で大渋滞。 そんな状況で、みみは部活中に大量員飲んだお水のせいでおしっこに行きたくなっている。でも、先生の車の中。でも、もう限界が近づいてくる。 次の角を曲がって大通りに出れば後10分。我慢できると思った瞬間。 後ろのトラックが大きな音でクラクションを鳴らす。 びっくりしたみみは、おしっこがすこしだけ出てしまった。 先生にはバレていない・・・っと思いたかった。


【調教指示】おしっこ指示

次におしっこしたくなったら、部屋でビニールにおしっこをして見なさい。その後、オナニーが出来るまで、ビニールの中のおしっこは捨てないでおいておきなさい。

【アカリの妄想日記】 学校での日常(前編)

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

学校での日常(前編)

始業式から3日が経過した。
その間、アカリには毎日の様に指示が出ていた。

朝、先生からアカリにその日に履いているパンツを見せなさいと指示が出て、制服に着替えてから、自分のスマホをスカートの中に入れて撮影して先生に見てもらっている。それだけで、いろいろ思い出されてパンツにシミができる。アカリは自分がこんなに淫乱でエッチな事が好きだったのかと思い知らされた。

(今もすぐにでも先生のちんちんを入れて欲しい。)

そんな事を考えながら先生への返信を書いていた。
今日は、一限目が体育だったのでスパッツを履いていく事にしたと、先生に報告する事にした。

“ぴろりん”
【スパッツ履くのならパンツは必要ないだろう?脱いでノーパンにスパッツで学校に来なさい。】

【はい。解りました】

2017/04/16 07:00 更新

【アカリの妄想日記】先生の家で

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

先生の家で

アカリは、先生の家に足を踏み入れた。
小奇麗にしている家は、先生一人で住んでいると言っていた。別に彼女が居ても不思議じゃなかったが、玄関にも先生の靴しかなかった事を、アカリは確認していた。

「アカリ。どうした?そこに座ってろ。それとも、さっき撮影した自分の恥ずかしい所をTVで流して欲しいのか?」
「・・・」
アカリはソファーに腰掛けながら正面を見ると60インチはあろうかとおもう大きなTVが目の前にあった。

「そうかそれじゃお茶淹れている間見せてやるよ。」
「あっ・・。」

先生は、カメラを手際よく、TVに接続して、そこから、アカリが自分でマンコを触っている所から流し始めた。

2017/04/13 07:00 更新

【妄想小説】アカリの妄想日記

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

妄想から現実へ

アカリは学校ではそんなに目立つ存在ではない。
どこにでも居る普通の女の子だ。でも、すこしだけ秘密がある。

それは、担任の先生の性奴隷になってしまっている事だ。
先生とは、父親と同じかそれ以上の年齢差がある。けして好きな体型でもないが、逆らえない事情が出来てしまっている。
でも、アカリはそんな生活が嫌ではない。むしろ、自分から望んでいた”かも”しれないと思い始めている。まえは、学校に行くのもイヤだったが今ではイヤダイヤダとは言っているが、身体はウソをつかない。朝先生からの指示が来るのを待ってしまっている。
今日はどんな事をやらされるのか?それを楽しみにしている。学校や帰り道で先生に満足するまでいじめられて気持ちよくしてもらっているので、家でのオナニーの回数が減っている。もう自分で触っても気持ちよくならない。先生のあそこが欲しくなってしまう。
淫乱な性奴隷になってしまっているのだ。
そして、今日も朝からマンコを濡らしながら連絡を待っている。

そう、あれは新学期に向けて準備の為に、一人で買い物に出かけた日のことだった・・・・。