女の子同士

【アカリの妄想日記】学校での日常・・・?

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

学校での日常・・・?

「アカリ。おはよう。」
「綾子。おはよう。」

お互いに全裸だったのを確認する様にまた抱き合ってからキスをした。

「アカリ。朝ごはん食べるの?」
「うん。何か軽く食べてから学校に行っているよ?綾子は?」
「私は、家では食べないで、コンビニとかで昼ごはん買う時に、パンやおにぎりで済ます事が多いかな?」
「え?そうなの・・・そう言えば、綾子ってお昼に一人でどっかに言っていたけど、それが原因なの?」
「・・・うん。家族とあんまり・・。」

アカリは、綾子を抱きしめた。

2017/05/12 19:00 更新

【エロ小説】私と彼女の遊園地での情事

私は悠子。少し変わった性癖がある。
おしっこを我慢したりするのも好きだけど、それ以上に、女の子が好き。男の子もいいなとはおもうけど、それ以上に女の子が好き。一緒のクラスの貴子がすごく好きいつ好きになったのかわからないけど、すごく好き。体育の後ですれ違うときの匂い。柔らかそうなおっぱい。全部が好き。
あの声で私の名前を呼んでくれて好きだと言ってくれたら…..

そんな妄想をしていると、貴子から遊園地に誘われた。
私は断ることなく承諾するのだった。

それが全ての始まりであった。

http://novel18.syosetu.com/n0493dr/