性奴隷

【アカリの妄想日記】学校での日常(後編)

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

学校での日常(後編)

アカリは、部活の為に、体育館に向かっている。
部活の卓球は見た目以上に動きが有るので、ノーパンで動くとスパッツにマンコが擦れてしまっている。
パンツを履いていないだけで、こんなに擦れてしまうとは考えていなかった。普段から、マンコが濡れやすいけど、今日はいつも以上に濡れているのがわかる。

準備体操から始まって、規定のランニングを終えて、友達の綾子とラリーを行う。
綾子は、アカリがノーパンだって事は勿論しらない。それを意識しだすと、途端に恥ずかしくなる。

3時間の部活も終盤になって、最後の軽いランニングとストレッチをやって解散になった。
先輩達は、シャワーを浴びてから帰るようだが、アカリ達は、そのまま着替えて帰る事になる。

2017/04/23 16:00 更新

【アカリの妄想日記】先生の家で

アカリの妄想を現実に・・・

アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。

些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。
こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。
そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。

先生の家で

アカリは、先生の家に足を踏み入れた。
小奇麗にしている家は、先生一人で住んでいると言っていた。別に彼女が居ても不思議じゃなかったが、玄関にも先生の靴しかなかった事を、アカリは確認していた。

「アカリ。どうした?そこに座ってろ。それとも、さっき撮影した自分の恥ずかしい所をTVで流して欲しいのか?」
「・・・」
アカリはソファーに腰掛けながら正面を見ると60インチはあろうかとおもう大きなTVが目の前にあった。

「そうかそれじゃお茶淹れている間見せてやるよ。」
「あっ・・。」

先生は、カメラを手際よく、TVに接続して、そこから、アカリが自分でマンコを触っている所から流し始めた。

2017/04/13 07:00 更新

【エロ小説】享楽の淵

貴子はちょっと変わった経緯を持っていた。
彼氏にマンコを馬鹿にされセックス出来ないのは自分が悪いんじゃないのかと考えてしまっていた。そんな貴子がたどり着いたのは、性奴隷としてご主人様に使ってもらう事だった。
そこに産まれた歪な感情の行き着く先は誰にも解らない。

http://novel18.syosetu.com/n6776dn/