放尿

【エロ小説】奴隷秘書

ひな は、緊張して古いビルの前に立っていた。約束の時間までは、まだ15分程あるが面接に向かうことにした。ひな は、大学3年生で、来春卒業を控えて、就職活動を行っている。この会社がダメだったら、実家に帰って家業を繋がなければならない。それでもいいと思っているが、ひな には夢があり、その夢の為に、魔都東京に残らなければならない。その為には、就職が絶対条件になっている。

http://novel18.syosetu.com/n3759de/

【エロ小説】ひな との愛瀬

愛瀬の時に、君は何を考えているのだろうか?
私と君との距離は、物理的に 472km 程離れている。この距離を埋めるために、私たちは苦労している。君の全てを奪いたい。私の全ては、君の為に存在している事を認識させたい。その上で成り立つ信頼関係。私は、君に嘘を着かない。君は、私に話をする。君の未開発な部分を開発するのは私だけ与えられた権利であり義務である。

毎夜繰り返される。二人だけに許された愛瀬の時間。
この距離が一気に縮まるチャンスが訪れた。
私は、君に逢うことが出来て、君に触れた瞬間から、離すことが出来るのだろうか?

http://novel18.syosetu.com/n3762de/

【エロ小説】閑雲の如く

待ち合わせ場所に急いでいる。そう、ゆき の調教を行う日なのだ、時間が限られている中での調教になるが、閑雲の気持ちで取り込む事にしよう。
今までのメール調教から出来そうな事は解っている。
いくつかの事をやってみようと思っている。その為にも、早めに合流してプレイを開始しよう。

http://novel18.syosetu.com/n4194de/

【エロ小説】二人だけの時間

可愛いペットのまゆと会うことになている。
マッサージをして欲しいとの事だった、バイトを頑張っている。大学にもしっかり言っている。でも誰もほめてくれない。
心と身体のモヤモヤから調教にのめり込んでいく。

http://novel18.syosetu.com/n8653df/

【エロ小説】寂しがり屋の猫

ゆいは、ネットで話しかけてきた。
そんな子が処女だった事には驚いたが、卒業したいわけではなく、興味本位でもない。ただ、気持ちよくなる方法を知りたいだけだった。
その先に、快楽がある事が解っていて踏み出さない選択肢を選ばなかった。
そして、性奴隷になりたいと感じてしまっていた。

http://novel18.syosetu.com/n4202de/

【エロ小説】熱い吐息

いつもは、私の事務所で落ち合うユキだったが、今日は私の都合もあり、新宿で待ち合わせをする事にした。
ユキの身体・声全てが好きになっている。実際の関係を問われると返答に困ってしまうが、知り合いに道ばたで会ったら、きっと彼女だと紹介するだろう。
彼女との出会いは、結構前になると思う。
会社の仮眠ベットに寝かせて、全身マッサージをして感じさせた事もあった。マンコの形もおっぱいの感度もそうして、その時に漏れる吐息を全部記憶している。またあれを経験できるのかと思えば、時間などすぐに過ぎる。

http://novel18.syosetu.com/n4199de/