自慰

【エロ小説】奴隷秘書

ひな は、緊張して古いビルの前に立っていた。約束の時間までは、まだ15分程あるが面接に向かうことにした。ひな は、大学3年生で、来春卒業を控えて、就職活動を行っている。この会社がダメだったら、実家に帰って家業を繋がなければならない。それでもいいと思っているが、ひな には夢があり、その夢の為に、魔都東京に残らなければならない。その為には、就職が絶対条件になっている。

http://novel18.syosetu.com/n3759de/

【エロ小説】玩具奴隷

昨日から、私の立場が一変した。自分で望んでいた事でイヤな事ではない。むしろ嬉しい気持ちの方が強い。あれだけの事をされたのに、また学校に来て、昨日と同じ事をされる事を期待している。そう考えるだけど、パンツが湿ってくるのが解る。

http://novel18.syosetu.com/n3761de/

 

【エロ小説】二人だけの時間

可愛いペットのまゆと会うことになている。
マッサージをして欲しいとの事だった、バイトを頑張っている。大学にもしっかり言っている。でも誰もほめてくれない。
心と身体のモヤモヤから調教にのめり込んでいく。

http://novel18.syosetu.com/n8653df/

【エロ小説】寂しがり屋の猫

ゆいは、ネットで話しかけてきた。
そんな子が処女だった事には驚いたが、卒業したいわけではなく、興味本位でもない。ただ、気持ちよくなる方法を知りたいだけだった。
その先に、快楽がある事が解っていて踏み出さない選択肢を選ばなかった。
そして、性奴隷になりたいと感じてしまっていた。

http://novel18.syosetu.com/n4202de/