野外プレイ

【短編】静岡市内での調教(妄想)

依頼が有ったのは、”調教依頼”からだった。

『逝くことができないのが悩み』だと話していた。初めてセックスしたのは、高校の時、一つ上の先輩に言われて、興味もあってセックスをした。
痛さはそれほどでもなかったが、そんなに気持ちいいものでもなかった。
それでも、求められればセックスをしていた。逝く寸前で怖くなったり、濡れなくなって痛くなったり、続けてやる事ができなくて、冷めてしまって結局逝くことが出来なかった。

セックスの経験はあるが、それほど気持ち良くはならなかった。
ムラムラはするし、オナニーもしている。でも、逝くことができなくて、余計にムラムラしてしまう。

そんな悩みを抱えていた。
大学生になって、先輩とも別れた。セックスする相手もいないまま、オナニーを続けていた。

クリの剥き方。毎日のパンツのチェック。排泄管理や自慰管理を行っていた。
逝くまでは出来なかったが、かなり気持ち良くなれるようになっていた。最後のひと押しが出来れば”逝く”事ができそうだった。

そこで、まずは動画で自分のオナニーを撮影させた。
次に、自分で撮影した動画を見始める前に、オナニーを始める。途中から、動画を見始めて、徐々に触っている時間を伸ばすようにした。
10分を越えた辺りから、今度は普段やらないような事をやらせるようにした。

まずは、バイトから帰ってくるときに、外のトイレでパンツを脱いでノーパンになって、次に見つけたトイレで、マンコを触ってグチョグチョに濡れるまで触ってから、トイレを出る。最初は、その状態で部屋に帰って来て、できそうな時にはビデオ通話をしながらオナニーをさせていた。それでも、やはり最初の事は逝くまでは出来なかったが、徐々に触っていられるようになっていた。
何回かそれを繰り返していたら、オナニーで逝くことができた。そして、次にはオナニーをしている時に、おしっこ我慢した状態でオナニーさせて、我慢の限界まで触るようにさせた。
何度か、我慢できないでお漏らしになってしまった。しかし、何度めかのおしっこ我慢オナニーのときに、逝ってから、座り込んでおしっこをする事ができた。
それから、何回かに一回は”逝く”事が出来るようになっていた。

”逝く”事が出来るようになると、次は挿入したくなってきた。
でも、今はセックスする相手もいないし、セフレもいない。そもそも、セフレは怖くて作れない。

話を聞くと、電車で数駅の所に住んでいる事が解った。
いきなりの挿入は怖いけど、チンコを触ったり、しゃぶったり、マンコを触られたりはしてみたいという事だったので、タイミングを合わせて会うことになった。

【エロ小説】志願奴隷

僕は趣味で小説を書いて発表していた。
その作品には僕が普段から利用している電車や行動スタイルを書いていた。そして、僕の性癖まで、それを読んで勘違いした奴隷志願者。
ありもしない幻想にとりつかれた二人の淡いプレイ事情。

http://novel18.syosetu.com/n3753de/

【エロ小説】閑雲の如く

待ち合わせ場所に急いでいる。そう、ゆき の調教を行う日なのだ、時間が限られている中での調教になるが、閑雲の気持ちで取り込む事にしよう。
今までのメール調教から出来そうな事は解っている。
いくつかの事をやってみようと思っている。その為にも、早めに合流してプレイを開始しよう。

http://novel18.syosetu.com/n4194de/

【エロ小説】二人だけの時間

可愛いペットのまゆと会うことになている。
マッサージをして欲しいとの事だった、バイトを頑張っている。大学にもしっかり言っている。でも誰もほめてくれない。
心と身体のモヤモヤから調教にのめり込んでいく。

http://novel18.syosetu.com/n8653df/

【エロ小説】寂しがり屋の猫

ゆいは、ネットで話しかけてきた。
そんな子が処女だった事には驚いたが、卒業したいわけではなく、興味本位でもない。ただ、気持ちよくなる方法を知りたいだけだった。
その先に、快楽がある事が解っていて踏み出さない選択肢を選ばなかった。
そして、性奴隷になりたいと感じてしまっていた。

http://novel18.syosetu.com/n4202de/

【エロ小説】熱い吐息

いつもは、私の事務所で落ち合うユキだったが、今日は私の都合もあり、新宿で待ち合わせをする事にした。
ユキの身体・声全てが好きになっている。実際の関係を問われると返答に困ってしまうが、知り合いに道ばたで会ったら、きっと彼女だと紹介するだろう。
彼女との出会いは、結構前になると思う。
会社の仮眠ベットに寝かせて、全身マッサージをして感じさせた事もあった。マンコの形もおっぱいの感度もそうして、その時に漏れる吐息を全部記憶している。またあれを経験できるのかと思えば、時間などすぐに過ぎる。

http://novel18.syosetu.com/n4199de/