【体験談】3P調教

 

都内某所で隠棲した生活をしている時の話しです。
調教していた子が居て、その時には、メールとLiNEでのやりとりをしていたんだけどね。リアル調教をやろうって言った時に、偶然他で調教していた子もその日が学校が休みでリアル調教して欲しいって話をしてきて、お互いの子に話したら、3Pでもいいし、女の子が居たほうが緊張しないし、マンコを女の子に舐めたり、舐められたりするのも興味があるって事だったんで、3人であう事にした。女の子二人とも家には学校は休みだけど、学校の用事があるからって事で朝から出てきて夕方まで一緒に居る事になって、二人共処女で男性経験も女性経験も無いって事だった。最初に一人と合流して待っていると、同じ制服を来た子が待ち合わせ場所に歩いてきて、合流していた子が慌てて隠れた。友達だって事だった。まぁ偶然だろうっておもっていたら、その子が私の所に来て、克己さんですか?って声をかけてきて、もう一人の子はまだですか?って言ってきた。
そう、別々に調教していた子が偶然。同じ学校の同じクラスの友達同士で、お互いに親友と呼べるほど中が良かった。でも、お互いに相手はエッチな事にも興味がなければ、オナニーもしていないと思っていて、話はするし遊びに行くけど、エッチな話はしたことがなかった。そして、偶然にも同じ大学に進む事が決定していた。

お互いに知らないで、私に調教を依頼をしてきた。
学校が創立記念日で休みと言う時点でこの偶然は想像出来るはずだった。
隠れていた子にLiNEでメッセージを送って出てこさせた。二人とも制服姿だったから、まずは着替えって事で、二人はトイレに向かっていった。お互いにまだ信じられないと言う感じだった。
そこで、二人にそれぞれメッセージを伝えて、二人で同じ個室に入って、着替えなさい。狭いだろうけど、出来るだろう?
その時に、お互いにパンツを脱がせてから制服から着替えてきなさいって伝えた。両方から了承したと返事が来た。そして、お互いのパンツを持ってノーパンのままトイレから出てきなさいとだけ伝えて待つこと10分。二人が私服に着替えて多少化粧をして出てきた。二人共大学生に見える位の格好にはなっていた。
待っていた私の所まで来て、お互いに本名を名乗った。友達が一緒だから仮名のままだと時に本名を喋ってしまって困るのなら、最初から普段の呼び方で話そうって決めたらしい。
そして、お互いにノーパンになってきた事を確認するために、お互いが脱がせたパンツを私に渡すように言った。自分のパンツではないので抵抗なく私に渡す事ができた。
そのままノーパンのまま食事を軽くしてホテルに向かった。ホテルまでの道でお互いに今までどんな事をしてきたのかを話をした。そいsて、お互いに恥ずかしい写真を見せ合っている。ホテルに着いて、3人でお風呂に入って、二人同時にチンコを舐めたりしている。そこで、お互いのマンコをなめさせて、先に逝った方に罰としてアナルに挿入する。我慢出来た方はマンコに挿れると言う話をしたら、お互いとも両方共先にアナルに挿れて欲しいって事だった。先に逝った方にアナルに挿れて、後に逝った方にご褒美で中に射精する。その後チンコを綺麗にして、お互いに順番に咥えて射精させる事ができた方が先に処女卒業をするて言う感じでプレイする事にした。
約束通り、アナルセックスをしてその後で処女卒業をお互いにさせた。
時間もたっぷり有ったから、その後も何度かセックスやお互いのオナニー鑑賞をさせて、二人がおしっこに行きたいって事だったので、お互いのおしっこを相互鑑賞をさせた。
最後には、二人でマンコを舐め合っていける所までなっていた。その日はここまでになって、また3人でやりたいって事だったので、何度か3人でのプレイを楽しんだ。
卒業近くになっても関係は続いて、二人とも卒業後は一人暮らしの予定だったが、そういう関係になっていた事もあって、二人で部屋を借りてルームシェアをする事にして、あれから6年近くがたつけど、二人はまだ一緒に住んでいて二人の関係はより濃い物になっている。お互いに恋人は作らない状態で、二人だけでオナニーやおしっこ鑑賞オナニー鑑賞お互いのパンツを舐め合ったり、うんちも一緒にして見せ合う関係になっているとの事。二人からは、マンコに挿れたチンコは私だけだから、私が誰かパートナーやペットができなければ、また一緒にプレイして欲しいって話はされる。