【解き放たれた好奇心】好奇心の赴く先

 

彼女に逢うのはこれで2度目になる。1回目は、彼女が東京の知人に逢う為に、上京してくる時に、たまたま私が時間的な余裕が出来たから逢おうかとなって、逢うことになった。
彼女-ハルは、夢を探す階段を上り始めた所だと言う話で、全ての物に好奇心が働いて、いろんな事を試したい。自分の可能性を狭めたくない。なにが出来るかチャレンジしたい。そう、好奇心旺盛な女性だ。
そんなハルとの出会いは、チャットを通じての事だった。ハルの好奇心と私が持つ知識がぶつかった時に、ハルにとって私は好奇心を満たしてくれる存在になっていた。
初めて会う前から、ハルとは本当にいろんな話をしていた、オナニーの話。性の話。仕事の話。経験の話。ハルが1番興味を持ったのが、調教・開発の話だった。自分もやられたい気持ちもあるが、そもそも経験が少ないから、それさえも解らない。自分の気持ちいい所も解らない。そんな状態だった。
ハルとの初めての出会いは、夜行バスが新宿に到着する時間に、西新宿の改札前で逢うことになった。朝早い事もあり、空いている店が少なく。西口近くのマクドナルドで少し身体の疲れを取ることにした。軽く飲み物と食べ物をつまみながら、自己紹介を始めた。私も徹夜明けで疲れている事だし、ハルも夜行バスに乗ってきたので疲れている。横に慣れるところを探そうっと言うことになった。エッチな事をするつもりも無かったので、漫画喫茶のカップルシートで横になろうっと思って、新宿三丁目改札近くの漫画喫茶に移動した。
カップルシートに入って事情が一変した。ハルの身体を抱き寄せながら、軽くキスを交わした。そして、手は形のいい C カップの胸に伸びていた。そこの漫画喫茶は密閉型ではなく、通路がわからは良く見えてしまっている。それが解っているのに、私の手は止まらなかった。服の上から胸を触りながら、逆の手で、ズボンのベルトを外してしまっていた。ハルは、好奇心一杯の目で私を見つめている。キスも止まらない。キスも、フレンチキスからディープキスに移るのにそんなに時間は必要としなかった....
私の手は、ハルのアソコを刺激し始めている。アソコからは、愛液がこぼれ始めている。声も出始めている。外から見えないように、ずらしたズボンとショーツの部分には、服がかけられていて、ハルは壁を背に寝ている格好になっている。くちゅくちゅとイヤらしい音を出し始めている。時々、ハルが我慢できなくなって声が出てしまう。やはりまだ開発途上だけあって、クリの方が気持ちいいようだ。クリを執拗に責めていたが、声が出そうになったので、一旦手を引いた。アソコに入れていた指には愛液が光っていた。ねっとりとした愛液が指にしっかりと着いて来ていた。ハルは、指を抜かれたことに少し残念な表情を浮かべたが、続きがあるのだと思い込んでいる目を私に向けていた。そして、ハルは私のアソコを触り始めた。しかし...。
暫くして、二人して横になる格好になった。私の腕の中でハルが心地よい寝息を出し始めた。それを私は見守りながら...いろいろと考えていた。時間にして30分位経ったのだろうか。ハルが目を覚まし他、その時にはまだズボンもショーツも脱ぐ寸前の所になっていて、私の手はハルの茂みで遊んでいた。私は、ハルに聞いてみた。
「どうしたの入れて欲しいの?」少し戸惑いの色をハルは見せて、恥じらうように首を縦に振った。そして、手を私のアソコに伸ばしてきて「でも、これ大きくならないでしょ」そう少し恥じらうように言った。「そうだね。でも、ハルのアソコを見て舐めれば変わるかもしれないから、場所を移動する?入れて欲しいんだよね?」「うん。」「それじゃぁパンツを脱いで来て」「え!?」「汚れちゃっているからね。脱いでおいで...。」「はい」そう小さく小さく声に出して、ハルはトイレに向かって行った。ノーブラである事も忘れて...。
暫くすると、俯いて急ぎ足でハルが戻ってきた。「脱いで来ました。」「ノーブラ・ノーパンだね。」「あっ...はい。」「ぬいだもの貸して、預かっておくからね」「え!」「ほら早く。行くよ。恥ずかしいでしょ」「あっはい。」そう言って、ハルは丸めて持っていたショーツを渡した。私は、無造作にポケットにショーツを入れて、立ち上がって、会計を行ないに出口に向かった。ハルは、下が気になるのか動きが遅くなっている。ペースをあわせながら、休憩出来る場所に向かった。狭いが休憩が出来るホテルがあるので、そこに向かって歩いた。

私とハルは、新宿三丁目から歩いて5分位の所にあるホテルに入っていた。
ハルは、ホテル自身が初めてである事で多少緊張している雰囲気があった、入ると一室だけ空いているが、今清掃中だから少し待って欲しいとの事で、少し椅子に座って待つことにした。ハルがそわそわしていた。「どうしたの?」「え..なんでもない」「あぁそうか何も穿いてないから気になるんだね」「バカぁ」そう言ってハルは俯いてしまった。
ほど無くして部屋の準備が出来たとの事で、二人で部屋に向かった。部屋はベットがあるだけの部屋だった。ベットがあるのが嬉しいのかハルはベット上に飛びうつ伏せになった。
早く入れてと言わんばかりの態度だったが、順序と言う物がある。ハルのズボンを脱がして、ヌレヌレになっているアソコを露にした。そして、クンニを行なった。驚いたことに、ハルはクンニされるのが初めてだったらしく、凄く恥ずかしいと...。
そして、後ろから入れて欲しいとの願いをかなえてあげることに...。

ハルが「アナルは入る?」「アナル?」「うん。少し試して欲しいの?」「ローション持って来ているから、指入れてみようか?」「うん。お願いします。」
そう言って、好奇心の塊のハルはまたうつ伏せになってアナルを突き出すような格好になった。
ローションを垂らして、アナル周辺に慣らして、洗浄をしていないから、少しだけのつもりで、最初小指を少しだけ入れた。驚いたことに、すんなり入っていた。ハルは私の事を信頼してくれているのか、力が抜けていて、指がすんなりとアナルに入っていく。そして、指を人差し指に変えても同じようにすんなり入っていく。ハルは、期待していた気持ちよさが無かったのか、少し複雑な声をだしていた。

時間が来て、ハルも私もその後の予定があるので、一気にフィニッシュに持っていこうっとなった。
何度か、絶頂付近まで来ていた私は、ハルを上に載せて動いた。

ハルは、絶頂近くまで来ていたがいくこと出来なかった様子だった。でも、そのせいで、すぐにトイレに行きたくなった様子だった。私は、ハルがトイレに入るときに一緒に着いていって、ハルを抱き締めていた。
ハルは最初恥ずかしがって、おしっこをする事が出来なかったが、我慢の限界に来たのか諦めたのか、勢いよくおしっこを出し始めた。なかなか止まらないおしっこにどんどん俯くハルに向かって「なかなか止まらないね」その言葉を聞いたハルは耳まで赤くしてしまった。おしっこも止まって、シャワーを浴びて帰ろうっとなった。

ハルが駅までの道が解らないとの事だったので、一緒に新宿南口まで歩いて、みどりの窓口前まで案内をして、最後にハルの手を強く引いて、腕の中に納めた。
そうして、初めての出会いは幕を閉じて、ハルの好奇心の扉を開けて、赴く先を示した。