【永遠な刹那】稚拙な中にも

 

「みらい。下方から持ち上げるように触ってみなさい。」
みらいは、玉を下から持ち上げるようにした。
「その状態で、反対の手で竿の部分を優しく包むようにしなさい。」
「はい。」
言われるように、みらいは手を使って竿を優しく握ってきた。
「うん。そうしたら、竿の方の手はゆっくりピストンする様に動かしなさい。脈打つように感じ始めたら少し強く握るのだよ。」
「はい。なんか変な感じです。気持ち良いのですか?」
「気持ちいいよ。いい子だよ。そのまま射精までやってみようね。」
「はい。」
そう言って、真面目なのか両手を使って、チンコを刺激している。
「そうそう、段々早くしなさい。」
「はい。」
「滑らなくなったら、みらいのつばをつけてもいいからね。」
「え?!」
「やってみなさい。」
「はい。」
みらいは、竿を握っていた手を離して、つばを手に付けた。
「汚いですよ。」
「いいから、それで同じようにピストン運動をしなさい。」
「はい。」
「いい子だよ。気持ちいいよ。」
「嬉しいです」
「気持ちいいよ。」
「また、滑りが悪くなって来ました。」
「そうだね。今度は、みらいのマンコから出ている汁をつけてご覧。濡れているんだろう?」
「・・・・はい。凄く触りたかったです。」
「いい子だよ。玉を握っている手を離して、自分のマンコを触るようにしなさい。」
「はい。あっぁ…」
「ほら、手を止めない。みらい。射精出来る前に自分が気持ちよくなったら罰を与えるからな。」
「・・・はい。でも、ダメです。気持ちいいです。指が止められません。」
「だめだよ。ほら、手を動かして、マンコの手も動かしていいからね。」
「っはい。きもちいいです。気持ちいいですか?」
「気持ちいいよ。もうすぐ出るよ。みらい。」
「はい。沢山出して欲しいです。」
「みらい。出るよ。」
「はい。」
その瞬間、先から精子が出た。勢いよくとは行かないが、みらいの胸を汚して手にべっとり精子がついた。
「いい子だよ。」
「ベトベトですね。」
「そうだね。少し舐めていいですか?」
「勿論だよ。」
「はい。」
そう言って手についた精子を少しだけ口に含んだ。
飲み込むようにした後で、
「こういう味なんですね。これなら、飲めるかもしれないです。」
「うん。でも、味も濃さも毎回違うからね。」
「そうなんですか?」
「そうだよ。でも、フェラする時には、飲んでみなさいね。」
「はい。飲みます。」
「うん。」
「はい」

「みらい。それじゃ次はオナニーをしてごらん。」
「はい。」
躊躇なく、ヌレヌレになっているマンコを指で刺激し始めている。
声は我慢しているようだった。
普段しているようにとは行かないようだったが、徐々に動かす指が早くなってきている。クリを弾くように刺激したり、マンコから出る汁を指につけて、クリになすりつけるように刺激をしている。
「みらい。いい子だよ。ほら、もっとしっかり触りなさい。」
「はい。っあぁぁぁっあぁ気持ちいいです。」
「いい子だよ。」
「ダメ。キュっとなる。ダメです。」
そう言って、手をマンコから離してしまった。
「どうしたの?」
「これ以上触っているのが怖いです。」
「そうか。こっちにおいで…。」
「はい。」
全裸のまま立ち上がって、私の前に来た
「ここに座りなさい。」
そう言って、みらいを足の間に座らせた。チンコが背中にあたるように座らせて、後ろからみらいのマンコと乳首を刺激する用にした。
「我慢していなさい」
「はい。気持ちいいです。あぁぁぁっあぁあぁダメ。ダメ。気持ちいい。」
「いい子だよ。こんなになっているね。」
「っはい。あぁうぅぅん。あぁっあ」
「ほら、こんなに濡れているよ。気持ちいいんだろう?」
「はい。自分で触るのと違って…あぁぁダメ。ダメ。あぁっあぁ」
「いい子だよ。ほらここまで気持ちよくなれるんだよ。」
そう言って、みらいのマンコと乳首から手を離して、顔をコチラに向けて、優しくキスをした。
「うっとくぅ。はい。気持ち良かったです。」

「みらい。」
「はい」
「咥えなさい」
「はい。」
「いい子だよ。ゆっくり竿を舐めるようにしなさい。その後で、さきっぽを舌で刺激する用にしなさい。」
「はい。」
「全部飲むのだよ。」
「はい。飲みます。」
「うん。いい子だよ。頑張ってやってみなさい。」
「はい」
そう言うと、四つん這いになって、チンコを咥えた。
最初は、手でピストンする用にしながら先っぽを舌で触りながらフェラを始めた。
その後、口を大きく開けてチンコを飲み込む用に口の中に入れた。
そうして、頭を動かすように全体を舐めるようにしている。
ゆっくりゆっくりやりながらフェラをしている。
しばらくしたら、
「触っていいですか?」
「マンコを触りたいの?」
「はい」
「それなら、逆になりなさい。」
「??」
私は寝そべって、みらいの足を頭の方に持ってこさせて、69の形になった
「ダメ。恥ずかしい。全部見られちゃう」
「いいんだよ。見せなさい。」
「はい。」
「ほら、みらい。フェラを続けなさい。」
「はい」
そうして、みらいのマンコを舐めながら射精出来るようになるまで続けさせることにした。
「ダメ。ダメ。ダメ。」
足を抑えているから逃げられないで居る。フェラをする口をチンコから離さないで居るが、息を吸い込む時に、体が揺れるのが解る。感じているようだった。
「ダメ。出る….。」
その瞬間。みらいは、おしっこを漏らした。
「ゴメンなさい。ゴメンなさい。我慢できませんでした。」
「ダメな子だな。気持ちよくなりすぎて、おしっこを漏らしんだな。」
「….はい」
「みらい。おしっこ出る所をしかり見ちゃったよ。」
「…..はい。ゴメンなさい。」
「いいよ。ほら、フェラを続けなさい。罰として、出たものは全部飲むんだよ。」
「はい」
「それと、後でお風呂入るからね。その時に、もう一度フェラを頑張るんだよ」
「わかりました」
「うん。」

しばらくすると、射精出来そうな感じになってきた。
みらいの顔を押さえつけて、喉の奥にチンコを入れて射精をした。

そして、みらいは全部を飲み干すのを確認して、チンコに残っている精子も全部舐めさせた。

その後、お風呂に一緒に入って、もう一度フェラさせて、また全部を飲ませた。
そして、時間が来て、外に出る事にした。

みらいは、下着をつけて、服を着た。
その瞬間に後ろからみらいに抱きついて、顔を後ろに向かせて首筋からキスをsきて、最後にkチビルに激しいキスをした。
みらいの下着を確認したら、しっとり濡れてきているのが解る。

「みらい。どうしたの?また濡れているよ」
「…はい。キスされて、また濡れちゃいました」
「いい子だよ。次に期待だね。」
「今日は、ここまでだからね。」
「はい。ちょっと残念だけど….」
「うん。」
「はい。」

「みらい。パンツ脱ぎなさい。」
「え!?」
「脱ぎなさい。ノーパンで帰りなさい。」
「はい」

「部屋に帰ったら、ノーパンで帰ってきた事が解るように、玄関でマンコを撮影して見せるのですよ。」
「はい。わかりました。」
「うん。いい子だよ。」
「はい。そのかわり、時間まで触って下さい」
「いいよ。」

それから、出る時間の5分前まで、みらいのマンコを触っていた。
みらいもチンコを直接触ったり舐めたりし始めている。服を着たままの愛撫を続けた。

その後、ホテルから出て、帰路についた。


メール調教依頼