【イメプ】深夜の職場で

 

 貴女は職場で残業をしていた。
 同僚や先輩と作業をしていたが、貴女が担当していた作業だけが、サーバの調子が悪くて、なかなか進まない。

同僚:「先に帰るね」

貴女:「うん。もうすぐ、終わると思うから、大丈夫」

同僚:「無理しないでね。それじゃ、お疲れ様」

貴女:「お疲れ様」

 貴女は、同僚を見送った。

上司:「本当に大丈夫?手伝うよ?」

貴女:「大丈夫です。私の担当なので、私が”やる”のが早いです。手伝ってもらうと、余計に時間がかかります」

上司:「そうか?先に帰るけど、問題があったら連絡をしてくれていいからな」

貴女:「はい。大丈夫です。お疲れ様」

 上司は残ると言ってくれたが、自分の責任で、上司を残らせるのも忍びなかったので、先に帰ってもらった。上司は、最後まで貴女を見てから帰っていった。誰も居なくなったオフィスは思っていた以上に広く感じた。それだけではなく、22時を回ってからは、他の部署の人たちも帰ってしまった。
 23時を回ってからは、周りのビルの明かりも消えて、自分が使っている2台の端末だけが光っている状況だ。

 明日の金曜日に休みを申請しているので、今日中に終わらせないと、他の人に迷惑がかかってしまう。特に、大好きな上司(告白はしていない)に任された仕事で、貴女が遅れると、相対的に上司にも影響してしまう仕事だ。

 季節的に、空調が止まれば寒くなってくるはずだが、その日は空調が止まっても寒くならない。
 それどころか、サーバやサーバ周りの機材から熱で、貴女が座っている場所は暑いと感じてしまっている

 働いている事務所は21時を過ぎると明かりが消される。空調も止まってしまう。
 空調が止まっているために、水分補給の頻度が上がる。暑いために冷たい飲み物を飲みながら、作業をしていて、気が付かない間に、普段よりも多くの水分を摂取していた。
 サーバからの応答が遅いのも、水分を多くとってしまった原因でもある。普段なら、同僚と話をしたり、チャットをしたり、上司を見て時間を潰せるのだが、今は一人で時間を潰さなければならない。外は真っ暗な状況で、散歩に出かける気分にはならない。自然と飲み物を飲んで時間を潰していた。

 端末から、結果を知らせるアラートが上がる。
 問題になっていた場所が解決できていることを確認した。
 貴女の残りの作業は、報告書を書いて、印刷して”大好きな上司”の机に提出すれば、本日の作業は終わりとなる。

貴女:(ふぅ・・・なんとか、終電には間に合いそうだ)

 貴女は、時計を見て終電までには駅に到着できそうだと考えた。
 終電までには、まだ少しだけ余裕がある。

 貴女は、ダメだとわかっていながら、書類を提出した上司の椅子に腰掛けた。残り香があるような気になってしまった。

貴女:(時間があればここでオナニー・・・。なんてダメだよね)

 貴女は、名残惜しそうに、上司の椅子から立ち上がって、書類を未決裁の書類ケースに入れた。

 あとは、片付けをして、最終退出者が行うルーティンを終わらせれば、明日の休みを邪魔する物がない状態になった。
 片付けとルーティンは最大でも10分くらいあれば終わる。終電まで、40分もある、駅まで急げば5分で到着できる。あと、30分は余裕がある。貴女は、頭の中で時間を計算して間に合うとはじき出した。
 何に、間に合うのか・・・。それは、上司の椅子に座って、残り香で少しだけ、本当に、少しだけ興奮してしまった時に、おまんこが濡れてしまった。
 そして、その時に、今までは、”問題を解決しないとダメ”だという思いが強くて気が付かなかったが、尿意が限界に近づいていた。5分くらいなら我慢できる。10分ならまだ余裕がある。だから、会社の暗くて、怖いトイレではなく、明るく電気が付いている駅の公衆トイレを使おうと思っていた。時間に余裕があれば、少しくらいなら触ってもいいだろうと思っていたのだ。

 後少し・・・が、長かった。
 普段なら、10分で終わる作業が、なかなか終わらない。15分が過ぎた辺りから焦り始める。20分が過ぎて、やっと終わりが見えてきた。
 この時には、貴女の膀胱は悲鳴に近い声を上げている。すぐにでも、出してしまいたい。歩く距離を考えると、駅に向かわないと最終電車に乗り遅れる可能性が出てくる。我慢した状況で、最終チェックを終わらせた。

 オフィスは、誰も居ない。
 暗くなっているし、周りにも誰も居ない。

 貴女は、我慢が出来なくて、ストッキングを脱いだ。トイレですぐに放尿ができる準備をした。

 もう一度、誰も居ないことを確認して、パンツの上からおまんこを押さえた。
 尿意が少しだけ遠ざかってくれた。

 ビルのトイレは少しだけ離れた場所にあり、通路も暗くなっている。非常灯は付いているが、それが余計に怖い。それに、個室の中に入っても電気がつかない。

 オフィスの鍵を持った。
 鍵は、守衛が居る場所に置いておけばいい。最終退出者に名前を書けば、それで終わりだ。

 エレベータホールで、エレベータが上がってくるのを待っている。
 どうせ、一人だろうと考えて、先程と同じように、スカートを捲ってパンツの上からおまんこを押さえている。それで、我慢ができるような気がしていた。

”チーン”

 エレベータが到着して、扉が開く。

貴女:「え?」
上司:「終わったの・・・か?」

 貴女は、スカートをたくし上げてパンツを露出しながら前を押さえている。
 尊敬して、敬愛する上司に見せていい姿ではない。

貴女:「ダメ!あっ・・・。あっ・・・。ヤダ・・・」

 貴女は、手に温かい水分を感じた。止めることが出来ない。

上司:「大丈夫だ。俺だけしかいない」

貴女:「・・・」

上司:「大丈夫。何も見ていない」

貴女:「・・・。うそ」

上司」「・・・。あぁ」

 貴女を抱きしめて

上司:「そうだ。嘘だ。お前が、おしっこをもらすのを見た。それならどうする?」

貴女:「・・・。なんで・・・なんでもします。ないしょにしてください」

上司:「本当か?」

貴女:「はい」

上司:「・・・。そうか、まずはパンツを脱げ」

貴女:「はい」

上司:「パンツを寄越せ」

貴女:「汚れて・・・。汚いです」

上司:「いいからよこせ」

貴女:「はい」

上司:「いい子だ。見せろ」

貴女:「・・・。はい。私のおまんこをみてください」

上司:「綺麗にしているのだな。何人の男を咥えた?」

貴女:「え・・・、まだ・・・。です」

上司:「え?そうなのか?お前は、かわいいから、彼氏が居るのだと思っていた」

貴女:「え・・・。いません。彼氏が居たこともありません」

上司:「そうか?好きな奴はいるのか?」

貴女:「・・・」

上司:「どうした?なんでも、いうことをきくのだろう?」

貴女:「はい。私は、貴方が好きです。入社したときから・・・。今日まで・・・。さっきも、貴方の残り香で・・・」

上司:「どうした?」

貴方:「・・・。興奮してしまいました」

上司:「そうか、こんなことをされたかったのか?」

 上司は、貴女を抱き寄せて、おしっこをもらしたおまんこを触った。
 声が出そうになるのを我慢する。執拗に濡れている部分を刺激される。

上司:「何でもするのだな?」

貴女:「はい。なんでもします」

上司:「今日から、お前は、俺の奴隷だ。いいな」

貴女:「・・・。はい。それで許してくれるのなら」

上司:「一生だぞ?」

貴女:「はい」

上司:「二人だけの時は、主人と呼べ」

貴女:「はい。ご主人様。私の身体を心を縛ってください。なんでもいたします」

上司:「いい子だ。おまんこが濡れているのは、おしっこだけじゃないよな?」

 それから、貴女の長い夜は始まった。


 ここから、上司と貴女のシチュエーションプレイが始まります。
 最初は、貴女から上司の問いかけに答えてください。