【イメプ】オンライン授業で痴態がバレた

 

コロナ禍で家庭教師がオンラインでの授業に切り替わった。貴女は、イケオジとの授業を楽しみにしていた。

貴女は、昨日の遅い時間まで動画を見て居たために、時間まで寝ていて、慌てて支度をした。

授業が始まって、30分おしっこに行きたくなってしまったが、オンラインでの授業だったために、貴女は少しだけ冒険をしてみようと考えた。
昨晩、見た動画も影響していた。自分と同じような処女の女子高校生が、部屋でのオナニーやおしっこを撮影して楽しんでいた。ある日、間違えて大好きな先生におしっこをしている動画を送ってしまった。ただ、おしっこしているだけなら良かったのだが、おもらしをしてそのままオナニーをしている動画を送ってしまった。その後に先生の性奴隷になっていくという調教物の動画を見て想像してオナニーをしてしまった。

オンラインの授業は、双方向にカメラを設置してマイクを使って、授業を行っている。
パソコンのカメラの位置から、上半身しか見えないようになっている。マイクを切れば、音も聞こえない。普段から、先生が話している最中はマイクを切る癖があるので、マイクをオフにしても不自然ではない。
貴女は、上半身しか写っていないのを確認して、まずはスカートの中に手を入れて、パンツを脱いだ。おまんこに軽く触ると、信じられないくらいに濡れていた。机の下に有ったゴミ箱には、ビニールが被せてある。ゴミは、授業が始まる前に捨てたので、空になっている。

マイクがオフになっているのを確認して、貴女はゴミ箱に溜まっていたおしっこを出した。
部屋で、先生に見られながらおしっこをしているのに興奮してしまった。

この日は、ノーパンで授業を受けた。授業が終わると、ゴミ箱のおしっこを窓から外に捨てた。部屋の中には、おしっことエッチな汁の匂いが充満していた。外に捨てるときに、道路を歩いている人に見られたかもしれないと思うと、余計に興奮して、おまんこがグチョグチョに濡れていた。オナニーも一回では満足できなくて、3回もしてしまった。

貴女は、オンラインで先生が見ている前で、おしっこをした。それだけで興奮が止まらない。思い出してはオナニーをする日々が続いた。

次の授業は、最初からスカートもパンツも脱いだ状態で受けた。
もちろん、おしっこも我慢している。ゴミ箱ではなく、おしっこを入れるだけのビニールも用意した。先生の顔を見て、声を聞きながら、おしっこをして、オナニーをした。動画でやっているように、お尻の穴にも、綿棒を入れてみた。
見られるわけがないと思いながら、見られていると思って興奮してしまった。いつも以上に、オナニーも気持ちよくて止められない。

ただ、貴女は忘れていた。
パソコンが置いてある場所の後ろには、姿見が置いてあった。そして、姿見には、しっかりと貴女の痴態が写っていた。そして、無駄に高画質な貴女のパソコンに付いているカメラは、鏡に写った痴態を拡大して確認できる解像度があった。

授業のたびに、おしっこをして大胆にオナニーをしていた。
ときには、授業が始まる前からおまんこに綿棒を入れて待っていたこともあった。お尻の穴にも、綿棒を3本さして、椅子からおしりを突き出すようにして授業をうけたこともあった。

授業が終われば、自分のスマホでオナニーやおしっこの動画を撮影した。わざわざ制服に着替えて、パンツを履いておもらしをしたこともあった。制服のままおもらしをしてオナニーをする。学校では絶対にできないことに興奮を覚えていた。
一日に1回程度だったオナニーも増えていった。今では、毎日3-4回はオナニーをしている。先生の声で攻められるような妄想をしたり、犯される妄想をしたり、誰にも言えない貴女だけの時間を楽しんでいた。

緊急事態宣言も解除され、先生が家に来て授業が行われる。

先生は、普段と変わらない態度で貴女に勉強を教えていた。

貴女は、いつもの癖でノーパンで授業を受けようとしたが、先生が目の前に来るのを思い出して、慌ててスカートを履いた。学校から帰ってきて、汗やエッチな汁(学校のトイレで思い出してオナニーをした)で汚れたパンツは、ベッドの上に脱いだ状態で置かれたままだ。着ていたジャケットを脱いでパンツの上に置いたが、ノーブラにキャミを着てシャツだけの状態になってしまった。
そして、貴女はいつもと同じようにおしっこを我慢した状態になっていた。

授業が始まって、30分は何事もなく過ぎ去った。
ノーパンなのも、ノーブラなのも先生にはバレていない。と、貴女は考えていた。おまんこがグチョグチョに濡れているし、すぐにでも触っておしっこをしたい。でも、先生の前でできるわけがなかった。意識すればするほど、おまんこは濡れてくるし、乳首はキャミに擦れて感じてしまう。先生の声が耳元を撫でるたびに、おまんこの奥が感じてしまっていた。

授業が始まって、60分。今日の予定は、180分だ。まだ、1/3が終わっただけだ。そろそろ、一回目の休憩時間になる。

貴女は、先生を見て、おしっこに行きたいと告げることにした。このままでは、漏らしてしまう可能性が有った。トイレに行きたいと言えば、休憩になると考えていたからだ。休憩時間で、おしっこをして、軽く逝くまでおまんこを触ろうと考えたのだ。

貴女「先生。トイレに行きたい。休憩は?」

先生「・・・」

貴女「先生?」

先生は、貴女を見てから、ドアの前まで移動して鍵をかける。そして、鍵をロックする。外からも中から開けられない状態になる。ロックは、先生が持っていた錠前が使われた。先生の鍵がなければ開けられない。

貴女「え?何を?」

先生は、説明をしないで、貴女が脱いだジャケットを持ち上げる。

貴女「あっ!」

先生は、貴女が脱いだパンツを持ち上げる。

先生「トイレですか?おしっこなら、いつもしていたようにしていいですよ?しっかり見ていてあげますよ」

先生は、汚れたパンツを机の上に置いて、貴女を覗き込むように身をかがめる。
先生の声が、貴女の耳をくすぐる。

貴女「何を?」

先生「今日は、スカートを履いているようですが、いつもはパンツもスカートも履いていませんよね?椅子からお尻を突き出して座ることも有りましたね。そうそう、貴女は気がついていないようですけど、この部屋は貴女のエッチな汁とおしっこの匂いがしますよ?特に、机の下はおしっこ臭いですよ。かわいい貴女のおしっこの匂いですから、私は気になりませんが、他の人にばれないようにしなさいね」

貴女「・・・」

先生「そうそう、スマホでオナニーやおしっこを撮影していましたよね。オンラインは、貴女が切っても私が切らないと繋がっているのですよ?」

貴女「え?」

先生「それに、後ろに姿見が置いてあるので、全部見えていましたよ?」

先生は、パソコンを操作して貴女の痴態が収められている動画を流し始める。

貴女「やめて!」

先生「パンツをこんなに汚して、今日もノーパン・ノーブラのようですね。気が付かないと思ったのですか?」

貴女「だ・・・。って」

先生「”だって”じゃないですよ。授業に集中してくださいね。授業中におしっこをしてオナニーをするような子には、罰が必要ですね」

貴女「あっ」

他の動画を見せられた。

先生「ばれていないと思ったのですよね?」

貴女「・・・」

先生「ほら、いいですよ。あの時と同じように、やってみなさい」

貴女「・・・。ゆるして・・・。ください」

先生「許す?何を?」

貴女「・・・。動画・・・。消して・・。お願いします。なんでも・・・します」

先生「いいですよ。動画を消してあげます。その代わり、私の性奴隷になるのですよ」

貴女「はい」

これから、貴女は先生の言いなりになり、終わってからは性奴隷となった。
先生の大きくなったおちんちんを初めて見て口に咥えた。大きくなったおちんちんを夢中でしゃぶった。先生が優しく頭をなでてくれるのが嬉しかった。

今日から、先生の性奴隷になる。
そこの言葉だけで、貴女はおまんこが先生のおちんちんを求めているのがわかった。

処女のおまんこに、先生はすぐには挿入しなかった。
後日、課外授業だと行って外に連れ出して、ホテルに連れて行って優しく初めてを迎えた。その前に、部屋でアナルに挿入されたり、口の中に射精されたり、おまんこ以外の調教は行われた。

調教依頼/調教指示/晒し画像や動画/エッチな話を含めた雑談
DMでの調教を行っています。