【彩の目覚め】第三話 後輩の緊張

 

彩を抱き上げて、ベッドに連れていく、彩を寝かせるような恰好にする。ゴムは財布の中に入っている。
彩から離れようとすると、不安そうな表情をする。

可愛いので、抱き寄せてキスをする。

「すぐに戻ってくる。ゴムを取ってくるだけだ」

ゴムで意味が通じると思うけど・・・。

「・・・。スーツの内・・・。ポケットに・・・」

「持ってきたの?」

「はい」

彩のスーツを確認すると、10個入りのケースが入っていた。

「彩。エッチだね。こんなにして欲しいの?」

「え・・・」

ゴムの箱を見て、言っている意味が解ったのだろう。赤面する。
明日は休日だ。犯し続ければ、10回くらいならできるかもしれない。食事の買い置きがないのが心配なくらいだ。この部屋は角部屋だし、隣とその隣は、空いている。そうか、この部屋の下が彩の部屋だ。階段の近くで、エレベータから遠いから人気がない。上は、空いているけど、倉庫のようになっているはずだ。歴代の家主たちが置いていった荷物が置かれている。

「彩?」

「・・・。はい。して・・・。欲しい・・・。です。先輩の・・・。ペンで、一人で・・・。慰めて・・・。ぼく、こんなにエッチで、卑怯で、でも・・・」

卑怯?
彩が落ち込む前に、命令をして話を変える。

「彩。触って」

「はい」

意味が解るのだろう。慣れない手つきで触り始める。
すこしだけ嬉しそうにするのは、触ってみたかったのだろう。最初は、先端を指で触ってから、竿の部分を握る。驚いた表情をするが、慣れない手つきで手を動かし始める。

「いつも、自分で触っていたの?」

恥ずかしそうにうなずく

「触られたり、抱かれたり、エッチな想像をしながら?」

さらに、恥ずかしそうにうなずく

「それ・・・、と、先輩に、見られながら・・・。とか・・・。残業で遅く・・・。会社で・・・。先輩に・・・。襲われるのを・・・」

「ふーん。今度、襲ってあげようか?」

自分の性癖がまだ解っていないようだね。

「え!」

驚いて、顔を上げるが、なぜか嬉しそうな表情を向ける。彩は、自覚は無いようだけど、M気質が強いようだ。

「ほら、見てあげるから、いつも見たいに触ってみなさい。片手は、触っていていいよ」

オナニーを見せろと言っているのに、嬉しそうにするのは、間違いはないだろう。

「・・・。はい。わかりました」

彩は、ぎこちない手つきで、男性器を握りながら、オナニーを始めた。
最初は声を我慢していたが両手がふさがっていて、声が我慢できなくなり、可愛い喘ぎ声が漏れ出す。10分ほど自分で触っていると、身体が震えだして、逝ってしまったようだ。終始クリを刺激するだけだった。足を大きく広げて見せるようにしたのは初めてだったのに、しっかりと興奮して逝ってしまったようだ。

「彩。おいで」

手を広げると、そのまま抱き着いてくる。恥ずかしかったのだろう、顔を隠すように胸にこすりつけてくる。
彩の体温と、オナニーの匂いと、汗の匂いが感じられる。

「彩。毎日、触っているのか?」

首を激しく横に振る。毎日、オナニーをしているわけじゃないようだ。

「声がすごく可愛かったよ」

驚いて顔を上げるが、言われた内容が恥ずかしくて、また顔を隠す。

「触りながら、自分で触って気持ちがよかった?」

うなずく、気持ちがよかったようだ。

「また、見せてね」

うなずいてくれる。

「彩。下の毛は剃っているの?」

足を大きく広げたので、全部が見えたが、下の毛は綺麗に剃られたようになっていた。お尻の方も綺麗になっている。

「・・・。子供の様だけど・・・。毛が生えない。ダメですか?」

天然パイパンなのだな。

「ダメじゃないよ。彩の可愛い部分が全部見えて嬉しかったよ」

「ヤっ。・・・。恥ずかしい。でも・・・。先輩なら・・・。興奮してくれました?」

「興奮したよ」

「本当ですか?」

「もちろん」

「それなら・・・。よかった。おもらしを見ても、何も言ってくれなかったし、ぼくに興味がないのかと・・・」

「彩のおしっこなら何度でもみたいよ。オナニーも同じだよ」

「本当?」

「あぁ」

彩の態度が、子供のように思えてしまう。頭をなでると嬉しそうにする。長めの髪の毛だがさらさらしていてなでる手も気持ちがいい。

彩の体温が、心を満たしてくれる。
彩の匂いが、身体を熱くする。
オナニーをしたばかりの股間から、熱が伝わってくる。入れていないのに、俺を興奮させてくれる。

「あのね」

「どうした?可愛い。可愛い。俺の彩」

「え?」

「ん?」

「”俺の彩”って・・・」

「嫌なのか?」

髪の毛が大きく左右に揺れる。喜んでくれているようだ。

「いや・・・。じゃない。嬉しい。先輩の物になりたい」

「彩は、俺の彼女だ。大切な人だよ」

「うん!嬉しい!あのね。ぼく・・・。あのね」

「なに?」

「昨日・・・。おもらし・・・。見られて・・・。それが、先輩で・・・。パンツを、見られて・・・。そのあと、”脱げ”って命令されて・・・。ハンカチを渡されて・・・。あのね。あのね。嬉しかった。そのあとも、肩を抱いてくれて・・・。おもらしするような子を・・・。見捨てないで・・・。抱きしめてくれた。抱いてくれた。タクシーの中で、守ってくれて・・・。手を握ってくれて・・・。おしっこで汚した、ぼくを抱きしめてくれて・・・。ありがとう。嬉しかった。それで・・・。それで・・・」

「いいよ。慌てなくて」

「うん。あのね。ぼく、先輩におもらしを見られて・・・。変になっちゃった」

「変?」

行動が十分、変だけど、そうじゃないよな?

「うん。また、先輩に・・・」

「どうした?言わないと、伝わらないぞ」

「うん。先輩に、おしっこを見て欲しい。見られたい。でも、だから・・・。嫌いにならないで・・・。ほしい」

性癖に目覚めてしまったのだな。

「大丈夫だよ。彩。彩の全部を見てあげる。彩のことを知って、もっと好きになるよ」

「うん。うん。先輩。大好き!」

顔を上げてから、宣言するように言ってから、力が抜けたように腕の中に収まる。彩の腕は、俺の首に回されたままだ。

え?
腕の中で寝息が聞こえる。
もしかして、昨日から羞恥心や緊張やら、いろいろの感情が織り交ざって、寝てないのか?

揺り動かしても起きる気配はない。完全に落ちている。
首に回した手を離そうとすると、また抱き着いてくる。

布団をかけてあげないと、それにスーツもハンガーにかけておかないと・・・。それに、思い出したら、彩のパンツとストッキングを洗わないと、もう遅いかもしれないけど、おしっこの痕が残ってしまうかもしれない。

「彩?」

起きない。完全に寝ている。

可愛いおしりを触ると、すこしだけ逃げる様子を見せる。大事な部分は、後でしっかりと味わってあげよう。背中に回した手が離れる。
布団の中に入れると、布団を抱きしめるようになる。

離れても大丈夫そうだ。大きくなっている物も、彩の寝顔を見ていると落ち着いてくる。
気持ちよさそうに寝ているのを起こすのは可哀そうだ。このまま寝かしておこう。
昨日のバッグからコンビニの袋を取り出す。おしっこの匂いはそれほど強くないが、微かにしている。パンツとストッキングを、ランドリーネットに入れる。100均で買った物だが大丈夫だろう。彩には、悪いけど他の洗濯ものと一緒に洗濯をさせてもらおう。

洗濯機の回る音と、彩から聞こえてくる寝息が子守歌のように聞こえて、彩の隣に横になる。解っているのか、抱き着いてくる。
彩の体温を感じながら目を閉じる。

「おやすみ。彩」

起きて、頭がすっきりした彩が、今の状況を見て、どんな反応を示すのか楽しみだ。