【彩の目覚め】第十四話 後輩の舌鼓

   2022/01/09

シャンパン?
なにか、ボーイさんが持ってきて、明日翔さんに話しかけている。呪文だ。ぼくには、何を言っているのかさえわからない。

コルクが抜かれて、明日翔さんのグラスにすこしだけ注がれる。
なにか、やり取りがあって、ぼくの前にもグラスが置かれる。

ボーイさんが、ぼくの前に置いたグラスにも液体を注ぐ。

ボーイさんが、頭を下げてから部屋を出ていく、ワイン?は、テーブルの端に置かれている。

「これは、食前酒で、スパークリングワイン。口当たりがいいから、食前に飲むのにちょうどいい」

「うん」

「あっドラマとかで、乾杯をするときに、グラスを合わせているけど、やらないようにね。こうやってグラスを目線に持ち上げるだけでいい」

「はい」

助かった。乾杯と言われたら、グラスを合わせてしまいそうだ。

「そうだな。彩の健康とこれからの充実した生活に!」

「え?あっ。明日翔さんの健康とこれからの充実した生活に!」

「「乾杯」」

合わせられた。明日翔さんは意地悪だ。教えてくれてもいいのに、でも、タイミングは間違っていないと思う。教えられた通り、グラスを目線の高さまであげる。

横目で見ると、グラスに口をつけている。飲んでもいいようだ。

あっおいしい。すこしだけ”シュワシュワ”するけど、口当たりがいい。口の中がすっきりする。いろいろあって、緊張もしていたからだけど、朝から何も食べていなかった。お腹も減っている。アルコールが入って大丈夫かな?

「安心して、このワインのアルコールは低いよ」

「え?あっ本当です」

すっきりしているし、アルコールが喉を刺激するような感じもしない。

フランス料理?
一皿一皿料理がでてくる。ぼくの嫌いな物が出てこない。もしかして、明日翔さんに、ぼくが嫌いな物が知られている?

ぼくは、香草が苦手だ。”食べられない”ほどではないが、嫌いだ。避けたい。特に、匂いが強い物が嫌いで、避けている。

今日の料理には、香草は使われているが、上品な匂いでおいしく感じられる。

メインは、肉と魚から選べるようだ。
ぼくは、肉を選んだ。明日翔さんも、お肉を選んだ。

飲み物が変えられた。新しいグラスが出てきた。

今度は、ワインのようだ。
手順は同じだ。乾杯はしないと言われた。

すこしだけ残念だ。あの乾杯なら、またしたい。

「彩。このワインは、彩が産まれた年に作られた物だよ」

「え?」

「1998年産。この年は、ワインの当たり年らしくて、おいしいワインが多いらしい。俺も詳しくないから、料理に合わせてもらった」

まじまじとワインを見てしまった。
このワインは、私と同い年?そう考えると、飲むのがもったいない。でも、封を開けてしまえば、ワインは劣化すると教えられた。もったいないと思いながら、一口飲んでみる。すごくおいしい。ワインは、飲んだことがあるけど、こんなにおいしいとは感じなかった。値段を聞くのが怖い。

「彩。こういう店では、値段を聞かないのもマナーだよ」

「・・・。はい」

さきに言われてしまった。でも、店の感じから、値段を気にしない人たちしか来ないのだろう。でも、気になってしまう。

お肉料理が運ばれてきた。
呪文のような料理名をボーイさんが言っている。明日翔さんが、ボーイさんに答える。ぼくにも聞いてきたので、”同じで、お願いします”と答えると、微笑んでくれた。

「黒胡椒は大丈夫か?」

「うん。平気」

「それならよかった」

どうやら、ソースは黒故障がベースになっているようだ。確かに、匂いが強いが胡椒なら平気。

おいしい。
語彙が乏しくて、他に言いようがないけど、おいしい。パンも、すごくおいしい。
ワインを飲むと、さっきとは違う感じがして、おいしい。どんどん飲めてしまう。

おいしいお肉料理が終わって、デザートがきた。
フルーツタルトといちごのゼリーだ。それに、また違うワインが運ばれてきた。デザートワインというらしい。

本当に、語彙力がないのが悲しい。
おいしい。おいしい。

デザートで終わりだと思ったら、アイスと紅茶が出てきた。これで、コース料理が終了だと言われた。

「彩」

「はい?」

「その・・・。早いとは思うけど」

「ん?」

え?なに?
明日翔さんが緊張している?ぼく、何かしちゃった?早いって何?

「ふぅ・・・。彩。結婚してくれ」

「え・・・?」

明日翔さんが、どこから取り出したか解らない、小箱をぼくの前で開けてくれる。
そこには、指輪?が入っていた。

「彩?」

「うれしい・・・。明日翔さん。婚約・・・。指輪?」

「そうだ。昌平に作ってもらった」

「え?」

「大学の時に、昌平たちとデザインコンペに出した・・・。俺がデザインした指輪だ」

「え?これ・・・。明日翔さんが?」

「・・・。そうだ。受け取ってくれるか?」

「もちろんです!明日翔さん。ぼく、嬉しいです!ぼく、ぼく・・・。嬉しい。明日翔さんの家族・・・。に、な・・・。ります」

泣くな。ぼく、笑え。
明日翔さんに笑顔を見せろ。

「ありがとう。それで、早いと思ったのは・・・。彩。今日、このあと・・・」

「なに?」

「このホテルの部屋を予約している」

「え?」

「ダメか?」

首を横に大きく振る。
そもそも、ぼくが・・・。考えたら、顔が赤くなってしまう。お酒のワインのせいだと、思いたいけど・・・。無理がある。多分違う。

ぼくが、朝にパンツもブラジャーも着けずに、明日翔さんの部屋を訪ねたのが始まりだ。
ぼくの初めてを明日翔さんに貰って・・・。そこから・・・。だ。

「ううん。ダメじゃない。明日翔さん。ぼく、初めてで・・・。いいの?」

「あぁそれに、彩は、なんでもしてくれるのだろう?」

「え?あっはい!なんでもします!」

すこしだけ悪い笑顔の明日翔さんも好き。
エッチな命令でも・・・。明日翔さんの命令なら・・・。明日翔さんが見ていてくれるなら・・・。

「嬉しいよ。彩。まずは、左手を出して」

「はい」

左手を、明日翔さんに差し出す。
明日翔さんは、指輪を取り出して、左手の薬指に・・・。あっこんなホテルの最上階のレストラン・・・。それも、個室で・・・。夢じゃないよね?
ぼく、初恋の・・・。そして、今日・・・。このあと・・・。

考えたら、身体の奥がジンジンしてくる。明日翔さんに抱き着きたい。抱かれたい。

指輪を指でなぞる。
本当に、これを明日翔さんが?

「綺麗・・・」

「さすが、昌平だな。しっかりとサイズも調整している。彩。俺の指にも指輪を着けてくれるか?」

「はい。もちろんです」

もう一つのケースから指輪を取り出す。ぼくの指輪よりもおおきな指輪だ。明日翔さんの左手の薬指に指輪を・・・。嬉しい。お揃いの指輪。これで、ぼくは、明日翔さんのお嫁さんだ。そうだ!お母さんたちにも・・・。弟や妹やお姉ちゃんやお兄ちゃんたちに報告しないと!いいよね?

「明日翔さん?」

「どうした?」

「あの・・・。ぼく、お母さんたちに・・・」

「もちろんだよ。次の休みに挨拶に行こう」

「え?いいのですか?」

「もちろんだよ。隆司と昌平と美穂にも言って、奴らの店で売れ残った物や知り合いから、かき集めて持っていこう。現金は受け取らないだろう?」

「・・・。うん。ぼくのお金もなかなか受け取ってくれなかった。でも、服とかなら・・・。受け取ってくれる。ぼくじゃ考えつかなかった。明日翔さんありがとう!」

「いいよ。俺の奥さんのお母さんたちなら、俺の母親だからな」

「うん!」

明日翔さんのご家族の話を聞いたから、複雑な気持ちだけど、でも、嬉しい。

もう一度、指輪を見る。
ゴールドとピンク色の金属?と、銀?なのかな?それがねじられるようになっている。サイズが、ぴったり・・・。あっ手袋を作るときの採寸はこのため?サイズの調整?こんな素敵な指輪がすぐに作られるはずがない。もしかしたら・・・。エリザベスさんが、明日翔さんのために準備をしていた?

多分、明日翔さんのご家族には会えないけど・・・。キャサリンさんやエリザベスさんやアスナさんや美穂さんが、明日翔さんのご家族なのだろう。
ぼくも、あの輪の中に入りたい。まだまだ、知らない事も勉強しなきゃならないことも、沢山あるけど・・・。

「彩。無理に頑張ろうとしなくていい。できることを、少しずつ増やしていこう」

「あっ・・・。はい!わかりました!」

今の言葉、ぼくが・・・。合宿で、プログラムがうまく動かなくて、泣きそうになっている時に・・・。明日翔さんから貰った言葉。
ぼくは、あの言葉で救われた。お母さんたちは優しかった。でも、ぼくは頑張らなくちゃダメだと思っていた。無理してでも、少しでもいい成績を・・・。そればかりを考えていた。

だから・・・。頑張らなくてもいいの?仕事だよ?
本当に救われた。あれから、明日翔さんを意識するようになった・・・。きっかけの言葉。ぼくの大事な・・・。大事な、大事な思い出・・・。