【彩の目覚め】第二十五話 後輩の変化

 

あっ・・・。出そう・・・。

先輩が手を出してくれる。
首を横に振る。立って歩いたら出てしまう。

「先輩・・・」

情けない声が出てしまう。泣いちゃいそうだ。

「出そうなのか?」

先輩の言葉に頷く。先輩は、笑いながら頭を何回か軽く叩いてから、ボクを抱える。

「もう少しだけ我慢しろ」

「はい」

先輩に命令された。
でも、本当に限界。先輩を気持ちよくするのに必死で、おしっこを我慢しすぎた。ダメ。揺らさないで、意識し始めたら出そうになってしまう。

「いいぞ」

「え?」

「トイレまで持たないだろう?」

「・・・。はい」

降ろしてくれない?

ここで?

恥ずかしい・・・。けど、だめ。

「出る!あぁぁ」

また、先輩に抱かれた状態で・・・。
それも、せんぱいに抱きついた状態で・・・。

恥ずかしくて、先輩の顔が見られない。

おしっこが止まらない。お風呂の床をボクのおしっこが叩く。なんで降ろして・・・。音と匂いが恥ずかしい。
先輩の首に腕を回しているから、隠せない。見られるのは・・・。恥ずかしいけど、先輩に見て欲しい。先輩のおちんちんにかかっているのが恥ずかしい。

やっと、おしっこが止まった。
先輩が、おしっこをしたばかりのおまんこを触る。ボクのおしっこ・・・。だけじゃないけど・・・。確実に濡れている。よくみたら、おまんこが鏡に写っている。先輩も気が付いている。また、見られた?

顔が熱くなると、同時におまんこが濡れて来る。欲しい。

「彩。お風呂に入ろう。もう水風呂って感じじゃないけど、汗を流そう」

「はい!」

鏡に写っている先輩のおちんちんは大きくなっていない。

「シャワーでもいいけど、せっかくだから、昼間の露天風呂に入ってみるか?」

「うん!」

興味があった。
夜と違った景色が見えるはずだ。

外に出る前に、湯着を持ってきてくれた。そうか、昼間だと見られてしまうかもしれない?大丈夫だとは思うけど・・・。

「彩の裸は、俺だけが見る」

「え?」

先輩は、それだけ言うと横を見てしまう。
え?照れている?耳が赤い。嬉しい。

湯着を着て、先輩に抱き着く。ちっぱいを先輩に押し付ける。

「はい!ぼくのすべては先輩の物です!」

先輩は、まだ照れているけど、ボクの顔を見て頭を乱暴に撫でる。それがすごく嬉しい。

「えへ」

「彩」

「はぁーい」

先輩も湯着を着て、外に出る。
風は冷たいけど、心地よい。お風呂から湯気が出ている。

ぬるいけど、それが丁度いい。先輩に抱きついて、露天風呂を楽しむ。

ボク、こんな贅沢していいのかな?

先輩の顔を見る。
うん。先輩が好き。側に居てくれる。夢じゃない。夢みたいだけど、夢じゃない。

「・・・。え?」

先輩が、ボクをじっくり見つめている。ボク、何かした?おまんこは濡れているけど・・・。違う。違う。違わないけど・・・。違う。

「彩。痛くないか?」

「え?あっ」

先輩の態度がおかしかったのは、ボクのことを心配してくれていた?
処女だった。最初は、先輩のおちんちんが入って違和感があったけど、もう大丈夫。

「少しだけ乱暴に」

「大丈夫です!ボク。平気です」

「本当か?」

「はい。あの・・・。先輩の・・・」

「どうした?」

「ボク。先輩のおちんちんが欲しくなって・・・。また、して欲しい・・・。です」

恥ずかしい。
ボク。こんなにエッチが好きになって・・・。違う。先輩とのエッチが好きなだけ・・・。

「彩。大丈夫ならいいけど、無理するなよ?あと、我慢はしなくていいからな」

「え?」

「ん?」

「先輩。ボク・・・。先輩とキスしたい」

「いいよ。おいで」

先輩が腕を大きく広げてくれる。先輩に跨る形になる。湯着は、ワンピースタイプだから、足を広げると・・・。先輩の湯着は、腰の所で縛られているだけから、お湯の中に入ると、ヒラヒラしてしまう。
わざと、先輩の湯着をどけて、足を広げて、先輩の上に跨る。

先輩もすぐにわかって。ボクの頭を軽く叩く。でも、そのままボクを抱きしめてくれる。

優しいキスから、舌を絡めるキス。
先輩の首に腕を回す。求めるように、先輩にキスをする。何度も夢に見た。何度も妄想した。そして、何度も自分で慰めた。先輩とのキス。煙草の匂いもお酒の匂いもしない。先輩とのキス。ボクには、先輩の匂いを感じられるだけで十分だ。お風呂で解らないだろうけど、グチョグチョになっている。

先輩の唾液がボクの身体の中に入ってくる。

「あっん」

先輩も感じてくれている。
大きくなって、ボクのグチョグチョになっている部分を刺激する。

「明日翔さん。ボク。我慢ができない」

我慢しなくていいと言われた。
先輩にキスをしながら、先輩の手をボクの敏感になっている場所に誘導する。

先輩に抱きついたまま腰を動かす。

「あっん。あん。あっあっあっあっあぁぁ!!」

声が出てしまう。
気持ちがいい。

先輩のおちんちんも大きくなっている。
挿入はダメだけど、先輩のおちんちんに擦り付けるのはいいよね?

ダメ。クリトリスが擦れて気持ちがいい。

「彩!まだ逝くなよ」

「っ!はい!」

我慢だ。
逝きそうだったけど、我慢した。

「彩。腰を降ろせ」

「え?」

今のまま降ろしたら・・・。

「大丈夫だ」

「はい」

あっ・・・。
入らなかった。残念に思っていると、先輩がボクの身体を少しだけ話して、湯舟から出る。目の前に、先輩の大きくなったおちんちんが来る。何も言われていないけど、口を開けておちんちんを咥える。舐めていると、先輩の味がし始める。さらに硬くなる。先輩は、ボクの頭を撫でてくれる。どこから、取り出したのか解らないけど、コンドームをボクの前に持ってくる。

「彩。どうしたい?」

以前のボクなら、入れて欲しいと思っても、我慢してしまったかもしれない。
でも、今は違う。

「もう少しだけ舐めてから、入れて欲しい」

「いいよ」

先輩の許可がでたから、先輩のおちんちんを舐めながら、自分で自分のおまんこを触る。限界まで我慢してから、先輩のおちんちんを入れたい。すぐに逝ってしまうかもしれないけど、そうしたら、もう一度、頑張る。

舐めながら、オナニーをしている。
こんなシチュエーションが・・・。すごく淫乱なことをしている。でも、すごく嬉しい。気持ちがいい。先輩のおちんちんを舐めている。口の中でドクドク・・・。先端から精子が出てきている。舌で舐めとる。少しだけど、先輩の精子を身体の中に入れられる。

先輩からコンドームを受け取って、大きくなったおちんちんに被せる。先輩に跨るようにして、自分からおまんこに誘導する。

「あん!」

先っぽが入っただけで逝きそうだ。
我慢。我慢。

ボクのおまんこが先輩の大きく硬いおちんちんを飲み込んだ。
腰を少しだけ動かしたら、軽く逝ってしまった。

先輩に抱きついて、キスをしてごまかす。ごまかせたよね?

入れた状態でも、先輩のおちんちんがドクドクしていて、ぼくの中を刺激する。
大丈夫。まだ、大丈夫。

先輩がボクを抱きしめてくれる。腰を動かしやすいように、背中を支えてくれる。

ボクも先輩に抱き着く、背中に回した腕に力が入る。ボクの小さなおっぱいが潰れてなくなってしまう。でも、気持ちがいい。湯着がタオル地だから動くと乳首が擦れてしまう。ちっぱいだから余計に・・・。乳首とおまんこ・・・。両方で感じてしまう。

ダメ!逝く!

逝ってしまった。でも、まだボクの中に入っている。
先輩に抱きついて、キスを繰り返す。

腰を動かす。
またすぐに気持ちよくなってくる。おまんこが敏感になっている。すぐに逝きそうだ。中がこんなに気持ちがいいなんて・・・。

「彩。出すよ!」

「はい!」

腰を激しく動かす。
先輩の腕に力が入る。それでも、腰を動かす。

ダメ!逝く!もう少し、もう少しだけ・・・。

あっ・・・。

「彩!」

先輩が、ボクの中に出してくれる。コンドーム越しだけど、解る。沢山、沢山、ボクで気持ちよくなってくれた。入れたままはダメだと言われたから、最後に少しだけ腰を動かして、敏感にしてから、先輩から降りる。

コンドームは、ボクの白濁した汁で汚れている。
コンドームを外すと、先輩の精子が溢れて来る。舐める。今度は、全部を舐める。敏感になっているおまんこを触りながら、先輩の精子を舐める。

すごく幸せ・・・。

あっ逝く!!

おしっこも・・・。