【イメプ設定】私の主は痴漢

 

私は、アヤ。中学二年生。
いつもの電車のいつもの場所に立つ。もうすぐ、ご主人様が乗ってくる。顔も知らなければ、名前も知らない。でも、私のご主人様。

きっかけは、夏休みに入る前。水泳の授業が有った日。パンツを濡らしてしまって、その日に鍵ってスパッツも履いていなかった。帰りは、パンツを履かないで電車に乗った。立っていればバレないと思った。
帰りなので、電車は混んでいなかった。誰にもバレないと思っていた。

でも、違った。

夏休みが終わって、いつものように満員電車に乗っていると、後ろから私の前にスマホが差し出された。
そこに写っていたのは、スカートの中を撮影した物だ。何枚もある。よく見ると、私だと解る。特徴的な黒子も写っている。そして、最後はあの日。パンツを履いていない私だ。おまんこがしっかりと写っていた。そして、好奇心に負けて、おまんこを触って居る所まで写っていた。

スマホはスライドされて、学校の名前(制服を見ればすぐにわかる)や私の名前が書かれていた。

そして・・・。

”エッチな子だね。中学生なのに、ノーパンで電車に乗るだけじゃなくて、人が居る近くで、おまんこを触っているのだね”

”他のパンツも、おしっこだけじゃないよね?こんなに汚れているね”

”もう経験済み?首を振って答えて”

首を横に振る。
何を意味するのか解っているけど、セックスどころかキスもまだだ。

”キスも?”

何枚かスライドさせられて、次の質問にも首を縦に振る。
怖いけど、心臓がドキドキしている。

”ばらされたくなかったら、僕のいう事を聞きなさい”

やっぱり・・・。
首を縦に振る。

その日から、朝の電車の時間に痴漢をされる。

指示は、いろいろだ。
おしりを触られたり、胸を触られたり、おまんこを触られたり、パンツの中に手を入れられて、触られることもあった。ご主人様のおちんちんを握ったこともある。

4駅だけの関係。

”足を広げなさい”

ご主人様が耳元で囁くように呟く。
身長の違いはあるけど、ご主人様は私を逃がさないように角に押し込めて、他から見えないようにしてから、命令をしてくる。

頷いて、足を広げる。

”言われた通りに、パンツは持ってきた?”

昨日、命令された通りに、捨てていいパンツを履いてきた。丁度、昨日、履いていたパンツを捨てようと思っていた。

頷いて、肯定する。

”いい子だよ”

(あん)

ご主人様が、パンツの上からクリを優しく触る。
ご主人様に痴漢をされるようになってオナニーが気持ちよくない。朝のこの時間が好き。もっと触って欲しい。

あっ
パンツを切られた。
パンツを取り上げられてしまった。だから、新品のパンツを持ってくるように言われたのか・・・。解ったことがある。ご主人様は、独占欲が強い。自分以外には私を触らせない。
彼氏が出来たらいうように言われた。こんな地味な私に彼氏ができるとは思えない。

パンツは、ご主人様が持っていくようだ。

”こんなに濡れて、悪い子だな。おしおきが必要だ”

ご主人様の指が私のおまんこを虐める。
気持ちがいい。すごく気持ちがいい。逝く!!

ご主人様に触られるようになって、逝くことを覚えた。

”もう逝ってしまったの?まだ時間があるよ”

頑張って立っているようにしているが、難しくなってくる。
ご主人様に寄りかかるようになってしまう。

しっかりと支えてくれるのが嬉しい。

寄りかかると、今度はおっぱいを揉まれる。小さなおっぱいだけど、ご主人様は揉んでくれるし、好きだと言ってくれた。
今日は、言われた通りに、ブラをしてきていない。必要ない大きさだけど、普段からブラはしている。

制服の隙間から手を入れてきて、お腹を触ってから、おっぱいを触る。
乳首を摘ままれると声が出そうになる。

声を我慢していると、おまんこを激しく触られる。
また逝きそうになる。

”いいよ。逝きなさい”

頷いて、ご主人様の手に意識を集中する。

駅に付く手前で、逝くことができた。

ご主人様は、振るえる私の身体を抱きしめながら、頭を撫でてくれる。

”頑張ったね。約束通りに、1か月間声を出さなかったね。それで、アヤは何を望む?”

前に、ご主人様から提案された。1か月間、平日の朝に痴漢をされて、声を我慢して、毎回、逝くことが出来たら、望みを叶えてあげると言われた。痴漢を辞めて欲しければ、辞めてあげる。画像も動画も消すと言われた。

でも、私の望みは決まっている。
もっと、ご主人様に虐めて欲しい。もっと、先のことも教えて欲しい。