サイト情報の記事一覧

2020/03/21

【奴隷市場】奴隷市場開場

 こんな夢を見たことないだろうか?  縛られている夢を、見知らぬベットの上で 足と手 を固定され、口には口枷をさせられ、耳には耳栓をされ、自由が利かない自分の周りを何人もの人間が値段を付けていくのを...。  頭も固定され、目には何か解らない装置を付けられて、正面部分しか見られないようになっている。その正面はるか前方に、大きな鏡があり、そこに自分の姿が映し出されている。露になっている秘部を皆が見ながら、紙に金額を書いて、立ち去っていく。 『奴隷制度復活に伴う。奴隷市場の復活』  そんなチラシを持って、僕はあ…

続きを読む

2020/03/21

【志願奴隷】さわ との買い物(2)

 信号を俟っている間、二人の間には沈黙が訪れた。さわは、僕の横顔を見ているが、僕は信号を見つめている。駅に降りる階段は、信号を渡らなくても。今二人が立っている後ろにもある。そこからでは、新宿ではなくて荻窪の方向に行ってしまう。少しの手間を使って、信号が変わってから、改札に向かった。その間、さわは僕の手を握ったまま離そうとしなかった。  本屋さんの脇の階段から入って、切符売り場に向かった、僕は定期を持っているので、さわの分だけを購入して、二人で改札を通った。その間もなるべく離れないように寄り添っている。まるで…

続きを読む

2020/03/20

【志願奴隷】さわ との買い物(1)

 僕は、すっかり さわ が居る日常に慣れてしまったいる。逆に言えば、さわ が居ない日常は考えられなくなっている。確かに、僕は さわ を調教・開発を行っているが、僕が さわ の奴隷になっている。そんな感じがしないでもない。  1月になって、さわ が来て慌ただしかった僕の生活も、落ち着きを取り戻して来ている。1 月の初旬になって、僕はさわ を誘って買い物に出かけることにした。  最近、仕事の合間等に、デパートに寄っては レディースの服を見るのが日課になっている。元もと女性の買い物に付き合うのは苦にならない性分だ…

続きを読む
広告

2020/03/16

【志願奴隷】平穏な日々

 今日は、珍しく僕が休みになった。夕方までは、外での用事があるので、それを済ませることにした。さわ には、その旨を朝伝えて出てきた。  昼過ぎになって、少し用事が長引きそうだったので、さわ にその旨を連絡した。もしかしたら、夕御飯を作り始めているかもしれないと思ったからだ。  少し意表を付いた返答が、さわ から返ってきた。 「かつみ様。今日、かつみ様の会社には、誰かいらっしゃるのですか?」 「ん!?。いや、休みだから誰も居ないと思うよ。何で?」 「お願いがあるのです」 「言ってご覧」 「はい。かつみ様の職場…

続きを読む

2020/03/15

【志願奴隷】さわ の開発(2)

「さわ いいよ」  僕は、そう言って、さわ を僕の前に座らせた。さわ は、僕の所に来るまでフェラに関しても、殆ど知らない状況で来ていた。大きくするためのフェラと射精させる為のフェラを同じだと思って、一生懸命口だけで全てをやろうとしていた。  確かに、それでも気持ちいいことには違いないが、射精させるためにはそれだけでは無理に近い。その事を教えるのに以外と時間がかかった。今は、たたせる為のフェラだったので、さわ は僕の玉を軽くマッサージする様に手で優しく握って、まだ小さい息子の先端を舌で舐めている。さわ は最初…

続きを読む

2020/03/14

【志願奴隷】さわ の開発(1)

 さわ と僕は、寒い公園を後にした。道を歩きながら、さわ は、泣き始めてしまった。 「さわ どうしたの?」 「かつみ様。さわ は、かつみ様の所に居て良いのですか?」 「ん。なんで?」 「本当に、本当に、さわ ばっかり気持ちよくなって、かつみ様 が満足されているのか凄く不安なのです」 「なんだ、そんな事か、僕が許しているんだから、さわ が気にすることじゃぁないよ」 「でも...」  そう言いながら、さわ は、俯いてしまった。しかし、握った手を離そうとはしなかった。 「それじゃぁ、さわ が、部屋で僕を満足させて…

続きを読む
広告

2020/03/13

【志願奴隷】さわ との日々

 さわ が、家に来てから1ヶ月が過ぎた。さわ は、自分の事を殆ど話さない。僕もそれでいいと思っている。  ある日、珍しく さわ から話しかけてきた。 「かつみ様。さわ は、ここに居て、本当にいいのですか?」 「ん。どうして?」 「かつみ様は、さわ の事を何もお聞きになりません。でも、優しく接してくれます」 「ん。だって、さわ がここに居ることには違いないでしょ。それに、何か有るなら、さわ が話したくなったら、話すだろうからね」 「かつみ様」 「ん?何?」 「さわ は、嘘ついていました」 「そうなの?」 「さ…

続きを読む

2020/03/12

【志願奴隷】開けられたドア そして、日常へ

 僕とさわ は、まだ薄暗い公園を抜けて、僕の部屋に向かって居た。驚いたことに、さわ が道に迷わないで僕の歩調に合せている。 (さては、何度か僕の後を付けたことがあるな) 「さわ。僕の部屋の場所知っているんだね」 「え。あっはい。かつみ様にお近づきになりたくて、何度か後に付いて歩いたことがあります。さわ の事を嫌いにならないでください。どうしても、かつみ様にお近づきになりたかったのです。お怒りになりました?」 「別に怒ってはいないよ。さわ。それよりも急ごう」 「かつみ様。待ってください。アソコから蜜が溢れてき…

続きを読む

2020/03/11

【志願奴隷】朝日照らす公園で

「んくぅ」「はぁ」「っっあっあぁ」  そんな声が、始発を待っている地下鉄のホームにこだまし始めた。 「さわ これ以上声出したら、止めるよ」 「御主人様止めないでください。さわ は、さわは...あぁぁ~、んっっっあぁ」 そう言ってさわ は身体を小刻みに震わした。 「さわ 逝ったのかい?」 「はい。少しだけ...」  僕の肩に頭を載せて、さわは恥ずかしそうに言った。 「さわ それじゃぁ満足したんだね。これでいいんだよね?」  その言葉を聞いた さわ は、今にも泣き出しそうな顔になり、僕を見つめた。 「だって、さ…

続きを読む
広告

2020/03/10

【志願奴隷】始発を待つ間

 僕は、始発で帰ることが多い。  今日も、始発の電車を待っていた。冬と言っても良い時期になっていて、電車を待つ僕は冷えきった身体を抱えて、震えていた。  会社を出るのが早かった 「ふぅ後30分以上ある」誰に話すわけでもなく、独り言の様に呟いた  返事が何も帰ってこない、地下鉄の駅で電車を待っている。僕は、しょうがないのでホームのベンチに腰掛けて、始発が来るのを待つことにした。何もする事のなかった 僕は、ベンチに座ってぼぉ~としていた。いろんな言葉が頭の中を駆け巡っている。大好きな人達の事、、愛しい君の事を考…

続きを読む

2020/03/07

【優しき沈黙】学校のトイレ

学校には、電車で通っている。 だから、朝から雨が振っていると憂鬱な気分になってしまう。 電車の中で、知らない人の傘で、制服が濡れてしまうし、ジメジメして気持ち悪く感じてしまう。 特に、今日の雨は強かった。 その為に、靴下が濡れてしまった。替えの靴下は持ってきているけど、靴まで濡れてしまっているから、履き替えても、また濡れてしまう。 しょうがないので、今日は素足で過ごす事にした。 幸いな事に、学校は女子しかいない。男子は先生だけだ。 学校に着いて、濡れた制服を拭こうかと思ったけど、足まで濡れちゃっているし、靴…

続きを読む

2020/03/07

【優しき沈黙】パンツ探し

今日は、パートナと少しゲームをして遊ぶ事になった。 『パンツ探し』だ。ゲームは簡単、パートナが履いていたパンツを、私に渡して、私を見つけた後に条件をクリアしたら、勝ちという物だ。 今日このゲームを行うのは、春に高校を卒業したばかりの娘だ。出身は、少し離れた街になるが、静岡市内まで来てもらった、知り合いが少ない方が、気兼ねなく出来る事でもある。 待ち合わせ場所は、静岡駅にしている。間に合わせは、少し早めの時間にしている平日である事から、行き交う人は多いが、目的地が決まっている人ばかりなので、待ち合わせをしてい…

続きを読む
広告

2020/03/07

【優しき沈黙】私と彼女のお泊りの秘事

“まゆ”と”あすか”は友達だ。 まゆは、あすかと親友だけど、あすかには言えないで居る秘密がある。それは、まゆがあすかの事がすごく好き。友達としてじゃなくて恋人にしたい位好きの感情がある。 学校でも一緒に居る事が多くて、時々勉強を教えてくれたりしている。 あすかも、まゆの気持ちには気がついていて、嫌いじゃないけど、まだ良くわからない感情を持っていた。 まゆは、週末になる明日と明後日は、両親と兄が旅行と用事で家に誰もいなくなってしまって、寂しいとあすかに打ち明けた…

続きを読む

2020/03/07

【優しき沈黙】私と彼女の遊園地での情事

今日は、クリスマス前の日曜日。にあは、予定も何もなかったが、昨日になって、いいなぁと思っていた女の子から、遊園地に行かない?と誘いを受けた。 『バレてる?』と思った気持ちと、少しだけ期待してしまっている自分の気持ちをごまかしつつ。予定も無いから大丈夫と答えるのが精一杯だった。 その子からの返事は少しだけ にあ の期待していた物と違っていた 「バカ兄貴が彼女と行くために買ったらしいんだけど、振られてチケットをこっちに押し付けてきた。彼氏がいないのって私と にあ だけだから、にあ がダメだったらどうしようって思…

続きを読む

2020/03/06

【あんなの秘事】あんなの秘密

 あんなには、もう一つ秘密がある。 「あんな。昨日は、かおりさんと楽しんだようだな」 「はい」 「そんなに緊張しなくていいよ。別に怒っているわけではないのですからね」 「え?」 「あんな。ご主人様への報告は?」 「あっはい。分かりました」  スカートの中に手を入れて、昨日から履いているパンツを脱いで、目の前の男性に渡す。 「あんな。こんなに汚れて、かおりさんと楽しんだのに、淫乱な娘だね」 「ごめんなさい。あんなの、淫乱なマンコを見て下さい」  スカートを捲って、ノーパンになって、顕になっている。秘部を目の前…

続きを読む
広告

2020/03/06

【あんなの秘事】公園でのあんな

 しばらく沈黙が続いた。 「かお「あんな先輩!」」  横に座る。かおりがいきなり抱きついてきた。  驚いて、腕を振りほどいて立ち上がってしまった。すごく悲しそうな顔のかおりを、見下ろす格好になってしまった。  次のかおりの行動に私の思考は完全にストップしてしまった。  かおりは、私のジャージのズボンを降ろした。 「やっぱり、先輩。あんな先輩。これ、おむつですよね?高校生になって、学校でおむつですか?」 「え?あっ」 「それに、部活が始まる前に、先輩、トイレでエッチな事をして、おもらししましたよね?私が個室に…

続きを読む

2020/03/06

【あんなの秘事】学校でのあんな

「あんな。今日も部活?」  今日も授業が終わって、同じクラスの友達は、学校帰りに、遊びに行くようだ。  部活があるので、友達からの誘いを断った。それだけではなく、友達が最近できた彼氏の事で、下ネタを話したがっている。私は、友達に、エッチな事に興味がないと思われているが、セックスは高校一年生の時に、当時の彼氏と経験済みだ。  それだけじゃなくて、いわゆるネットでの調教を受けた事もある。恥ずかしい事を命令されたりするのが好きなのだ。  そして、おむつを履いて、おもらしをしたりするの事に、すごく興奮する。実は、指…

続きを読む

2020/03/02

【ななの事情】ななの事情

 私は、空いている座席に座った。  さっきまで、握られていた手が、触られたおっぱいやあそこ。沢山感じた唇、そして、恥ずかしくもあるが、大きく指で広げられて、見られて、舐められた、私のあそこが、体中から、そら君の匂いが指摘層で、身体が、心がジンジンしている。  ダメだと解っているけど、早く家に帰って、そら君に触られた、舐められた所を、感じたい。  本当に気持ちよかった。自分で触る行為の、何倍も・・・違う、何十倍も気持ちよかった。そして、誰にも見られた事がない。おしっこまで、そら君に見られた。見られただけじゃな…

続きを読む
広告

2020/03/02

【ななの事情】ななの非日常

 唇を離して、見つめ合ってから、笑いだしてしまった。  そら君は、友達に連絡をしている。友達の所に行くよりも、今日は私と一緒に居てくれると言うことだ。  二人で教室に居る所を、誰かに見られても恥ずかしい、この時間なら教室に来る人は少ないだろうけど、それでもいつも授業をしている場所で二人っきりは・・・。 「なな。今日は、もう帰るの?」 「ううん。まだ大丈夫。そら君は?」 「おれは、この後、塾の時間まで大丈夫」 「そう・・・。」  一緒に居たい。そう思ってしまった。下着を履いていない事を完全に忘れた状態で・・・…

続きを読む

2020/03/02

【ななの事情】ななの日常

 私に彼氏が出来た。  高校に入って、”いいな”と思っていた、男子を見つけて、見ていたら、何度か目が有った。最初は、勘違いかと思っていたし、私が見つめていたから、それで目が合っているのだと考えていた。授業中はもちろん、体育の授業でも、目が合うことが多くなってきた。いつも見られているような気がしている。  そら君に見られていると思うと、どこか落ち着かない気持ちになってしまう。  もしかしたら・・・そんな気持ちにさせてくれる。でも、私なんかを好きになってくれるはずがない。  そら君の事は…

続きを読む

2020/02/24

【享楽の淵】最落の場所

先日の事になるが、雨の日に一人プレイを行っている子から連絡がきて、今日プレイをしたいって事だった。 最初は、調教日記を書こうと思ったけど、時間もなかったから、そのままプレイをする事にした。 ここでは仮称で貴子って呼ぶことにしよう。 ミニスカートを履いた状態で来るように言って、待ち合わせを行った。 待ち合わせに現れた、貴子はしっかり膝上のスカートを履いてきていた。 その日は、強く雨が降っていた。 待ち合わせ場所に選んだ駅に降り立った時には、貴子が待っていた。スカート姿が可愛くなびいていた。 そのまま改札を抜け…

続きを読む
広告

2020/02/24

【闇夜に帳】第三話 拘束

 TVのチャンネルを変えて、AVチャンネルに合わせた。 「ゆき。起き上がって、ガウンを取りなさい」 「はい」 「これをつけてなさい」  首に固定具を装着して、手首をいろんな位置で固定できるおもちゃを使って、ゆきの腕の自由を奪った。  次に、目隠しを使って視界を奪った。  そして、アナルに装着具を付けた  床にクッションを置いてその上にディルドを置いて、ゆきを上に座らせる。しっかりと自分マンコに誘導させた。  座らせた状態で、口にチンコを入れてた。 「舐めろ。射精までさせて綺麗に全部飲み込め」 「はい」 「違…

続きを読む

2020/02/24

【闇夜に帳】第二話 快楽

 もう、2分も歩けばホテルの入り口がある。 「ほらそこだよ」 「はい」  上を見上げて、ホテルの入り口を認識した。  2分ほど歩いて、ホテルの入り口にたどり着いた。  数段の階段を下りて、自動ドアを開けて中に入った。部屋を選ぶ電光掲示板がある。その中から適当に部屋を選んで部屋に入る仕組みになっている。適当に部屋を選んで、窓口で前金を支払って、カギの代わりになるキーホルダーを受け取って、エレベータに乗り込んだ、空いている部屋が3階だった。ゆきのモジモジが激しくなってきている。 「漏れそうなんだね」 「はい」 …

続きを読む

2020/02/24

【闇夜に帳】第一話 乱雑

 今日初めて会う事になる。  待ち合わせ場所に急いでいる。そう、ゆきの調教を行う日なのだ、時間が限られている中での調教になるが、閑雲の気持ちで取り込む事にしよう。  今までのメール調教から出来そうな事は解っている。  いくつかの事をやってみようと思っている。  その為にも、早めに合流してプレイを開始しよう。  待ち合わせ場所は、新宿の山手線池袋行きのホームでする事にした。まず、迷いようがないし待ち合わせをするのには、丁度いい。後、プレイを開始するのにも解りやすくていいと思う。  早い時間帯からの調教をする事…

続きを読む
広告

2020/02/24

【永遠な刹那】繋がりを求めて

 今日は、みらい が指示を実行できなかった事への罰で八王子待ち合わせをして調教をする事になっている。  午前中の時間を使って調教を行う事にしている。  待ち合わせは少し早いが、8時に設定しているこの時間だと開いている店も少ない代わりに待ち合わせしている人も少ないので、待ち合わせで困る事もないだろう。  私の住んでいる所から、八王子までは乗り換えなしでいけるが、タイミングよく急行に乗り換えられたので、急行で乗り換えて向かった。電車の中で みらい に今向かっている旨のメールを入れた。勿論、約束の時間に付くように…

続きを読む
1 2 3 4 5