陽菜の勝負な一日の記事一覧

2020/01/05

【陽菜の勝負な一日】最終話 後日談

勝負に勝って、念願だった優馬と付き合い始めた陽菜だったが、優馬が思った以上に、陽菜の好みだった。 妊娠する事なく中だしされた後でもしっかりと生理が来た事を優馬に報告した。 優馬がしっかりと陽菜を見ながら、妊娠していたら教えて欲しいと言ったからだ。自分が望んだことだし妊娠していたら自分でなんとかしようと思っていた陽菜だったが優馬に真剣にお願いされたので了承したのだ。 二人で話し合って、優馬はゴムをしてセックスをすることを主張したのだが、陽菜は生で入れて中に出して欲しいと懇願した。 性奴隷ならそれが当然だと言っ…

続きを読む

2020/01/04

【陽菜の勝負な一日】第五話 勝者は?

優馬は陽菜の腕を解いてベッドに上がる。 ベッドの軋む音がする。陽菜は寝返りを打つふりをして優馬のスペースを作る。 「あつい!」 そういって肩にかかっていた毛布をどけて、お腹あたりまであった布団を腰までめくる。 Tシャツ姿の上半身が顕になる。 優馬の喉がなる音がする。 「陽菜ちゃん?」 優馬はもう一度陽菜の名前を呼ぶ。 陽菜は反応しない。 優馬の理性はすでに限界を越えている。 ゆっくりと手を伸ばして陽菜の胸を触る。 「ん・・・!あっ」 陽菜から吐息が漏れる。 優馬は陽菜が本当に寝ていると考えて手を動かす。Tシ…

続きを読む

2020/01/02

【陽菜の勝負な一日】第四話 ベッド

椅子に座った優馬の足の間に陽菜は居る。 床に座って、手を床に付いて、少しだけ前傾姿勢になっている。 優馬の股間はすでに大きくなっているが、陽菜は気が付かないフリをしている。すぐにでも手で優馬のズボンを脱がして大きくなった股間を取り出したい衝動にかられている。しかし、陽菜は優馬を襲いたいのではない。優馬に襲われたいのだ。 「先輩。ごめんなさい。滑っちゃいました」 陽菜は優馬に謝罪の言葉を投げかける。 「ん・・。あっ・・・。うん・・・」 優馬は陽菜からの言葉を聞いたが、すでに視線は一点を見つめている。 陽菜のブ…

続きを読む
広告

2020/01/02

【陽菜の勝負な一日】第三話 保健室

お互いに保健室は知らない場所ではない。 しかし、立場が今までとは大きく違う。優馬は患者として、そして陽菜は患者を誘惑しようとしている。 「先輩。座っていてください」 「陽菜ちゃん。いいよ、自分でやるよ?」 「ダメです。先輩は患者さんなのですから座っていてください」 「はい。はい。わかりました」 少しおどけているが優馬から少しだけ緊張している雰囲気が伝わる。 「あっ先輩の荷物」 「ん?大丈夫だよ。今日は手ぶらだからね。午前中は小テストだけだったから荷物は持ってきていないよ」 「お財布とかは・・・」 「それも大…

続きを読む

2020/01/01

【陽菜の勝負な一日】第二話 体育祭

今日は体育祭が行われている。 学校行事だ。 普通がわからないが、陽菜の学校では父兄が見に来ることはない。 授業の一環として行われるという建前があるために平日に行われる。一日行われるわけでもなく昼からクラス別に得点を競うのだ。 競技は教師が決めるのではなくスケジュールを含めて実行委員会が決めることになっている。 実行委員会は、各委員会から選出される。陽菜たちの保健委員も実行委委員会の一つだ。 陽菜は実行委員会にはならずに保健委員のまま体育祭に参加している。 保健委員は、保険の先生を補助する役目になっている。怪…

続きを読む

2020/01/01

【陽菜の勝負な一日】第一話 陽菜の秘密

陽菜(ひな)は高1の女の子だ。 ショートボブにしているがこだわりがあるわけではない。学校で生活指導の先生に怒られない程度の長さを保っているだけなのだ。学校では目立つ方ではない。勉強も中の上だ。容姿は10中6人が可愛いと評価してくれるだろう。 そんな陽菜だが友達に言っていない秘密がある。 中学の時に付き合っていた彼氏に別れ話を告げたときに襲われたのだ。陽菜には”やりたい”事があったそのためにも希望する高校に行く必要があったのだ。そのためにも受験勉強に集中したかった。だから、受験が終わるまで別れようと言っただけ…

続きを読む
広告
メール調教依頼