ゆきの記事一覧

2020/02/24

【闇夜に帳】第三話 拘束

 TVのチャンネルを変えて、AVチャンネルに合わせた。 「ゆき。起き上がって、ガウンを取りなさい」 「はい」 「これをつけてなさい」  首に固定具を装着して、手首をいろんな位置で固定できるおもちゃを使って、ゆきの腕の自由を奪った。  次に、目隠しを使って視界を奪った。  そして、アナルに装着具を付けた  床にクッションを置いてその上にディルドを置いて、ゆきを上に座らせる。しっかりと自分マンコに誘導させた。  座らせた状態で、口にチンコを入れてた。 「舐めろ。射精までさせて綺麗に全部飲み込め」 「はい」 「違…

続きを読む

2020/02/24

【闇夜に帳】第二話 快楽

 もう、2分も歩けばホテルの入り口がある。 「ほらそこだよ」 「はい」  上を見上げて、ホテルの入り口を認識した。  2分ほど歩いて、ホテルの入り口にたどり着いた。  数段の階段を下りて、自動ドアを開けて中に入った。部屋を選ぶ電光掲示板がある。その中から適当に部屋を選んで部屋に入る仕組みになっている。適当に部屋を選んで、窓口で前金を支払って、カギの代わりになるキーホルダーを受け取って、エレベータに乗り込んだ、空いている部屋が3階だった。ゆきのモジモジが激しくなってきている。 「漏れそうなんだね」 「はい」 …

続きを読む

2020/02/24

【闇夜に帳】第一話 乱雑

 今日初めて会う事になる。  待ち合わせ場所に急いでいる。そう、ゆきの調教を行う日なのだ、時間が限られている中での調教になるが、閑雲の気持ちで取り込む事にしよう。  今までのメール調教から出来そうな事は解っている。  いくつかの事をやってみようと思っている。  その為にも、早めに合流してプレイを開始しよう。  待ち合わせ場所は、新宿の山手線池袋行きのホームでする事にした。まず、迷いようがないし待ち合わせをするのには、丁度いい。後、プレイを開始するのにも解りやすくていいと思う。  早い時間帯からの調教をする事…

続きを読む
広告

2020/02/23

【涙の行方】奇妙な共同生活

3人の奇妙な共同生活が始まった。 みきと祥子は、約束通り引っ越してきた。本人達に取っ手もマイナスは無いはずですからね。 話を少し戻そう、部屋割りを決めるときに、1階にある和室が私が使うこと。二人とも、私の許しが無ければ、その部屋には足を踏み入れない事を約束させた。別に入っても問題ないが、けじめが必要だと言うことでそうした。みきは、少し不満だったようだが、祥子の手前文句の言葉を飲み込んだ。 後、1階にはリビングが一部屋と続きになっているキッチンがある。ここは、共有スペースとした。元々、TV や コンポなどをお…

続きを読む