ネット調教の記事一覧

2021/03/30

【みくの冒険】第七話 友達の事情

みくもゆきも、自分たちのおしっこや愛液まみれのトイレの床で目を覚ました。 二人とも全裸の状態で抱き合って寝てしまったのだ。ゆきは、みくのおまんこに手を当てた状態だ。みくは、ゆきを抱きしめている。 先に目を覚ましたのは、ゆきだった。ゆきは、自分が置かれている状況が夢だと思った。入学したときから、憧れに近い感情を持って眺めていた”みく”に抱かれている。それだけではなく、数え切れないくらいみくを思って自分を慰めた。自分は、女の子で、みくも女の子。女の子が女の子を好きになるなんて、みくは気持ち悪いと思うかもしれない…

続きを読む

2021/03/29

【みくの冒険】第六話 二人のだけの放課後

ペチャペチャとみくのおまんこを舐める音がトイレに響いている。 時折、みくから”あっ”という声が漏れてくる。ゆきは、みくのおしっこや汗とオナニーで汚れたおまんこを舐めながら、自分のクリを指で激しく触っている。 大好きなみくのおまんこをじっくりと見ることができただけじゃなくて、自分が舐めて、みくが気持ちよくなっているのが嬉しいのだ。それだけではなく、逝くまで気持ちよくなってくれた、おしっこを出してくれた。ゆきは、みくのおしっこを飲めたのも嬉しかった。みくのおしっこを覗いたのは、今日が初めてではない。今まで、何度…

続きを読む

2021/03/18

【みくの冒険】第五話 二人で

 みくは、急いで、2つある個室の一つに入った。友達が、隣の個室に入るのを待っている間も、おしっこが限界に近づいてきている。  友達は、みくが個室に入るのを見て、誰にも邪魔されないように、女子トイレの入り口の鍵を下ろした。体育館で、着替えをする時に使われるトイレなので、トイレ自体にも鍵がかかるようになっている。これで、体育館のトイレは、みくと友達だけしか居ない空間になる。  友達が、隣の個室に入ったのを確認して、みくはスカートを捲った。  見られているかもと考えると、すでにおまんこがグチョグチョになっているの…

続きを読む
広告

2021/03/09

【みくの冒険】第四話 友達の秘密

「おはよう!」 「え・・・。あっみく。おはよう」 「早いね?」 「うん。ママに起こされちゃって・・・。家に居たくなかったから、学校に来ちゃった」  友達の事情は聞いている。  みくは、さっきまで友達が激しく自分のおまんこを触っていたことを知っている。 「そうだ!トイレ!教室に戻るよね?一緒に戻ろう?」 「うん!わかった、待っている」  みくは、わざと友達が入った個室に入った。おしっこはもう出そうにないが、パンツを脱いでおまんこを触った。グチョグチョではないが、濡れているのがわかる。おしっこは出ないが、水を流…

続きを読む

2021/02/04

【みくの冒険】第三話 学校でトイレで・・・

 みくは、トイレで友達のオマンコを見てしまってから、毎日のように同じトイレに向かった。みくが使っているスマホは、林檎のマークが特徴になっている物だ。  スマホで指示を受けるようになってから、学校だけではなく、塾でも調教を行うようになった。  エッチな汁で汚れたパンツを見られてから、みくはエッチな自分を主に見てもらうのが快楽に繋がっていった。最初は抵抗があったパンツを見せる行為だが、沢山汚れていると褒められるし、可愛いと言ってもらえるのが嬉しかった。オナニーのあとでエッチな汁が付いている手を見せたら、褒められ…

続きを読む

2020/09/14

【みくの冒険】第二話 学校で初めての・・・

 みくは、主からの指示をスマホでも受けられるようにした。  学校の授業中は無理だが、休み時間や登下校中なら大丈夫だからだ。  休み時間のたびに新しい指示が来ていないか確認するためにスマホを見てしまっている。  友達には、彼氏が出来たのかと言われたが、主からは”家族からの連絡が来る”と答えるように言われている。  授業の内容を主に伝えれば、指示が返ってくることがある。体育の時に、スパッツだけで受けさせられたこともある。授業中にパンツを脱げと命令された時には、どうしようかと思ったが、全部は脱げなかったが、姿勢を…

続きを読む
広告

2020/08/10

【みくの冒険】第一話 ネットで調教?

 みくは、自分が少しだけ友達よりもエッチに興味があると感じていた。  しかし、友達が初めてを経験したと話しているのを聞いてしまった。彼氏ではなく、ネットで知り合った人にセックスを教えてもらったのだと言っていた。  ネットでエッチな画像や動画を見るのが好きだ。縛られたり、命令されて、嫌だけど従ってしまうような女性を見て興奮している。  鏡で、自分のオマンコを見ながらクリを綿棒で触ってみたりしている。綿棒だけではなく、ペンがオマンコに何本入るのか試してみたこともある。血が出てしまったので、もしかしたら処女膜が破…

続きを読む

2020/07/12

【アヤ快楽を求めて】第五話 アヤの夢想(その1)

 昨晩、アヤは主とメッセージのやり取りで、マンコを濡らして、グチョグチョになったマンコを、主に内緒で触って居た。覚えているだけで、3回は気持ちよくなって逝ってしまった。汚れたパンツを咥えろと命令されただけで、マンコが濡れてくるのが解る。主にすべてを差し出してでも、主を自分だけの物にしたいと思っているのだ。  アヤは、眠くなったと言って、スマホを閉じた。これ以上、やり取りを続けていたら、グチョグチョに汚れたマンコを指で広げて見せたくなってしまうと思ったのだ。  しかし、アヤは眠れなかった。  スマホを取り出し…

続きを読む

2020/07/06

【アヤ快楽を求めて】第四話 アヤの日常

 アヤは、自分から求めてマンコにチンコを入れた。  それは後悔していない。ただ、もう一度、すぐにでも入れて欲しくなってしまっている。自分のマンコに入った感覚が忘れられないのだ。口や手で大きくして、ヌレヌレになっているマンコに入ってくる感じがたまらなく気持ちよくて、たまらなく愛おしいのだ。自分のマンコで気持ちよくなって射精したチンコを舐めるのもすごく好きだ。いやらしい匂いがしているチンコを口の中で感じる、精子を口に出さずに飲み込めばよかったと考えている。今度、口の中に出してくれたら絶対に飲み込もうと思っている…

続きを読む
広告