夢想の記事一覧

2020/07/13

【アヤ快楽を求めて】第六話 アヤの夢想(その2)

 アヤは、小説の中で語られた内容を、夢で追体験している。  自分に都合が良いように変えて、夢でも主に犯されているのだ。 —  アヤは、緊張した面持ちで、教壇の前に来た。  先生からは丸見えの位置だが、他の生徒からは見えない位置だ。  学校の教壇は、少しだけ幅が広くて、大人二人が十分横に並べる。それだけではなく、天板が少しだけ斜めになっているので、生徒から天板が見えない。それだけではなく、教壇の両脇に羽が着いていて、生徒から完全に見えなくできるのだ。  試験中に、教室の後ろに備え付けられているカメ…

続きを読む

2020/07/12

【アヤ快楽を求めて】第五話 アヤの夢想(その1)

 昨晩、アヤは主とメッセージのやり取りで、マンコを濡らして、グチョグチョになったマンコを、主に内緒で触って居た。覚えているだけで、3回は気持ちよくなって逝ってしまった。汚れたパンツを咥えろと命令されただけで、マンコが濡れてくるのが解る。主にすべてを差し出してでも、主を自分だけの物にしたいと思っているのだ。  アヤは、眠くなったと言って、スマホを閉じた。これ以上、やり取りを続けていたら、グチョグチョに汚れたマンコを指で広げて見せたくなってしまうと思ったのだ。  しかし、アヤは眠れなかった。  スマホを取り出し…

続きを読む

2020/05/31

【夢想】机の下

 仕事中にムラムラしてきた...。  『今日は、事務所には誰も居ないからいいかぁ』そんな気分になって、1人なのをいい事に、ノーパンで作業を行なうことにした。  そこに、飲み友達の女性から電話がかかってきた、この女性は 自分で M だと言いきるくらいで、M 素質が強い女性である。  案の定、飲みに行こう♪ っと言うお誘いだった。  それはそれで嬉しいのだが、今日は仕事が残っている事から、断ると....。  『事務所に行っていい?』っと来た、断る理由も無いので、OK のサインを出した。  その瞬間。事務所のドア…

続きを読む
広告

2020/05/31

【夢想】自作のおもちゃ

凄く変な夢を見た。 この書き出しだと期待されるかも知れないが、タイトルに書いたとおりで、夢の中で、おもちゃを手作りしている。 最初に作ったのは、別の所でも書いて有るが、バイブが(恥ずかしくて)買えない娘に、何時でも何処でもクリトリスを刺激できる様にするショーツを作成している。 1.ショーツのクリトリスが当りそうな部分にポケットを作成する。 2.ポケットの中に、ビー玉を入れる。大きさは適当に選択する。 以上で出来る。少し裁縫ができる人間なら簡単に出来るだろう。少し凝るなら、取り外しにする等の趣向を行ってもよい…

続きを読む

2020/05/30

【夢想】伝説の剣

夢の話(本編) 僕は、洞穴の前に立っていた。 洞穴の入り口は狭く閉ざされていた。そして、その入り口の近くに、門番が立っていた。 門番は、僕に向かって言った。 「中に入るには、君が持っている物を全てここで捨てていく必要があるんだよ。でもね、洞穴を抜けた先には、君が一番欲している物が待っているよ」 そう言われた。 『僕が持っている物?』 「そう、君が持っている物。物質的な物・お金。そして、経験と知識だよ。洞穴の中では、必要ない物だからね。」 『解った。でも、全部なの?』 「そう全部。君が生まれたままの姿になって…

続きを読む

2020/05/30

【夢想】夢の中で

夢の中の愛瀬^H^H相瀬を繰り返している。 僕は、貴女を愛している。 そう、これは夢の中の話、僕が貴女に逢える唯一の方法そして、僕に許された唯一の楽しみ...。 夢は、いきなり君のアップから始まる。僕の夢の始まりは、何時も同じで、君と歩いた街角の情景から始まる。ドンキホーテを左手に見ながら。 「どこに行っても、ドンキはあるんだね」そう僕が問いかける 「え?私の町には無かったよ。あぁ~馬鹿にしているね」 そんな他愛もないやり取りから夢は始まっている。その後、二人はお決まりのコースを辿る。 デパートの男性物の服…

続きを読む
広告

2020/05/29

【夢想】ひなとの愛瀬

愛瀬の時に、君は何を考えているのだろうか? 私と君との距離は、物理的に 472km 程離れている。この距離を埋めるために、私たちは苦労している。君の全てを奪いたい。私の全ては、君の為に存在している事を認識させたい。その上で成り立つ信頼関係。私は、君に嘘を着かない。君は、私に話をする。君の未開発な部分を開発する権利は私にだけ与えられた権利であり義務である。 毎夜繰り返される。二人だけに許された愛瀬の時間。 この距離が一気に縮まるチャンスが訪れた。 私は、君に逢うことが出来て、君に触れた瞬間から、離すことが出来…

続きを読む