奴隷市場の記事一覧

2020/04/30

【奴隷市場】入札(2)

僕は、他の部屋を見て回ることにした。 一つ隣りのドアには、赤いシールがはられていなかった。男性だったが、入ってみることにした。 僕は、このドアも空けた後で後悔してしまった。そこには、男性が一人だけ大の字に縛られているはずだった...。 シールもはられていないから、変な事はしていないだろうし、やろうともしていないだろうと思っていた。 でも・・・。 おしりが目に入った、最初何をしているのか解らなかった。 音が聞こえてきた。 (ずぅぼぼぼんっく) なんの音だろう。おしりは、すぐに女性の物だと解った、そして、女性が…

続きを読む

2020/04/30

【奴隷市場】入札(1)

僕は、アナウンスに従って廊下に続くドアに近づいた。 先ほどの怖い人達は、さっさとドアを抜けて、廊下に出ていた。僕には、それが滑稽な姿に写ってしまった。国際法で、一人しか奴隷はもてないことになっている。そのことから、ほとんどの人が奴隷市場には一回だけの来訪になっている。しかし、怖い人達は手慣れた様子で事を運んでいる。要するに、そういうことなんだろうっと勝手に考えてしまう。 僕も、奴隷を探しに奴隷が待っている部屋に行くことにした。 廊下に出てみると、意外と寒いことに驚いた。奴隷は、ほぼ全裸で待っている事になって…

続きを読む

2020/03/21

【奴隷市場】奴隷市場開場

 こんな夢を見たことないだろうか?  縛られている夢を、見知らぬベットの上で 足と手 を固定され、口には口枷をさせられ、耳には耳栓をされ、自由が利かない自分の周りを何人もの人間が値段を付けていくのを...。  頭も固定され、目には何か解らない装置を付けられて、正面部分しか見られないようになっている。その正面はるか前方に、大きな鏡があり、そこに自分の姿が映し出されている。露になっている秘部を皆が見ながら、紙に金額を書いて、立ち去っていく。 『奴隷制度復活に伴う。奴隷市場の復活』  そんなチラシを持って、僕はあ…

続きを読む
広告

2017/05/05

【戯言】これからの目標

週に一本。エロ小説の続編を書く事を目標にします。 長らく放置してきているので、読者も増えませんし、なんとなくサイトも復活させたので、小説も書いていこうと思います。 連載ものは次の5作品。 アカリの妄想日記 アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 志願奴隷 僕は趣味…

続きを読む