学生の記事一覧

2020/07/07

【設定】先生におもらしを見られて・・・

その日、貴女は学校に遅刻しそうになっていた。 起きた時には、10分で支度をしないと間に合わない。 急いで、支度をして出た。食事は無理なので、ゼリー状の栄養補助剤を流し込んだ。

続きを読む

2020/06/30

【アヤ快楽を求めて】第三話 アヤの調教

 今度は、高校の時の制服を着て、同じようにする。立ったままスカートの中に手を入れてマンコを愛撫する。アヤはチンコを触って居る。制服姿のままで跪いてチンコを口に咥える。大きく固くなったら、今度は、スカートを捲ってお尻にチンコをこすりつける。お尻に挟むようにして刺激をする。その後で、股でチンコを挟んで、バックから犯されているようにする。そのときに、アヤのマンコにはロータを仕込んでIバックを履かせる。これで挿入してしまうような事はない。  ロータのスイッチをいれる度にアヤの声が出る。チンコにもロータの刺激が伝わっ…

続きを読む

2020/06/30

【アヤ快楽を求めて】第二話 アヤの挑戦

 部屋に向かった。4階までエレベータで上がる。誰にもすれ違わないのは解っている。  アヤが今日履いていたパンツを取り出す。 「アヤ。沢山濡れたのだね。学校でもグチョグチョだったのだろう?」  パンツの汚れを見られて恥ずかしいのだろう。うつむきながら”はい”とだけ答えた。  部屋に入って、アヤを脱がす。Iバックを履いたまま乳首の愛撫から始める。 「あっあっ駄目です。おしっこ・・・。でちゃいます!」 「お風呂に行こう」 「え?あっはい」  アヤを連れてお風呂に向かう。俺も服も下着を脱ぐ。アヤに脱がすように命令し…

続きを読む
広告

2020/06/30

【アヤ快楽を求めて】第一話 アヤの恥じらい

 アヤからリアル調教をしたいと連絡が来たのは1ヶ月程度前だ。お互いの都合が合わなくて今日になってしまった。  待ち合わせ場所は、池袋駅の東口を出て、献血ルームの正面にあるロッテリアを指定した。朝の段階でお互いの格好を伝えているので大丈夫だろう。  平日なので、アヤは学校が終わってから池袋に向かうと言っていた。帰る時間を考えると、3-4時間程度だろう。アヤには、希望を聞いている。  キスと挿入はしない約束になっている。アナルも怖いと言うので、今回は見送ることになった。あと、高校の時の制服で犯されるようにしてみ…

続きを読む

2020/05/10

【玩具奴隷】二人で登校

朝食を済ませ、学校に行く支度を恥じようとした時に、かつみ君からメールが届いているのに気がついた。 時間を見ると、丁度朝食を食べている時間の様だった。 【美緒。おはよう。今日、部活が無いから美緒の家の近くまで行くね。一緒に登校しよう】 と言う内容だった。昨日の事を思い出して、顔が赤くなる感じがしたが、それ以上に嬉しくなってきた。 でも、それと同じくらい何かを期待しているのか、自分のあそこが濡れて来始めている事に気がついた。その時に、 【美緒。迷惑だった?】そんなメールが届いて、急いで返信を書いた 【かつみ君。…

続きを読む

2020/05/08

【玩具奴隷】メールエッチ

 昨日の夜。興奮してなかなか眠れなかった。 かつみ君と相思相愛だって事が解った事もあるが、そのかつみ君に私の恥ずかしい所を見られただけじゃなくて、舐められたり触られたりした。それだけでなく、私もかかつみ君の物を咥えて気持ちよくする事ができた。そうして、かつみ君から出た物を全部受け止める事が出来た。凄く凄く嬉しかった。私の恥ずかしい行為を知っても、受け止めてくれた。図書館での秘め事が一人の秘め事で無くなった。そして、一番恥ずかしかったのは、かつみ君が私の一日履いていた汚れてしまっているパンツを持ち帰った。帰る…

続きを読む
広告
処女卒業依頼

2020/05/06

【玩具奴隷】相思相愛

昨日から、私の立場が一変した。自分で望んでいた事でイヤな事ではない。むしろ嬉しい気持ちの方が強い。あれだけの事をされたのに、また学校に来て、昨日と同じ事をされる事を期待している。そう考えるだけど、パンツが湿ってくるのが解る。 そう、私は昨日から、一人の大好きな男子生徒の恋人になる事が決まった。 最初は些細な過ちから始まった。 私はいつものように図書館で継ぎに習う所の予習をしていた、別に図書館でやる必要はない事は無いのですが、私だけの楽しみ方がある。図書館は、生徒はもちろん先生も滅多に来る事が無い。ちょっとエ…

続きを読む