性奴隷の記事一覧

2020/01/19

【陽菜とハルナ】第七話 ハルナ

ハルナは主の来訪を待っている。 10分くらい前に主から連絡が入って駐車場に車を停めたということだ。 あと20分くらいで主が部屋にやってくる。ハルナはそう考えるだけで股間が濡れてくるのが解る。 主に言われたとおりに薬も飲んでいる。 指示された物も全部そろえた。主が買ってくると言ったのだが、ハルナが自分で買ってきた。お金は主が全部出してくれた。 指示は難しかった。 ・下着とマンコを朝晩に報告 ・排泄は許可が出るまで我慢 ・我慢ができない時には動画で報告 ・服装の報告 ・オナニーの禁止 ハルナは特にオナニーの禁止…

続きを読む

2020/01/16

【陽菜とハルナ】第六話 家庭訪問

高校に合格してからも陽菜の日常は変わらなかった。 卒業に向けて担任が忙しくなっていくのに反比例するようにハルナの時間ができてくる。友達も受験が近づいてピリピリムードなのに遊びに行こうとは言えない。母親の仕事もこの時期はすごく忙しくなる。 従ってハルナだけが暇な時間ができる事になる。 主からのハルナへの指示も継続した。 ハルナも我慢していた。主が忙しい時間を自分の為に使ってくれているのを理解していたのだ。目の前で忙しそうに書類を作っていれば余計に邪魔しないようにしようと思えてくるのだ。 ハルナは友達の邪魔にな…

続きを読む

2020/01/15

【陽菜とハルナ】第五話 面接

面接当日。陽菜は緊張した面持ちで待っている。 担任が家まで迎えに来てくれるのだ。陽菜を特別扱いしているわけではない担任が付き添いで行く生徒は全員が同じ扱いだ。ただ違うのは、商業高校は面接が終了したらすぐに最終的な合否を保護者に教えてくれるのだ。高校としても担任が保護者としてきているので二度手間にならなくて都合がいいのだ。 昨夜はハルナとして主と話をした、緊張を和らげるためでもあった。 それで緊張するなというのが無理な相談だ。 「陽菜。そんなに緊張しないで、先生も大丈夫だって言ってくれたのでしょう?」 「ママ…

続きを読む
広告

2020/01/11

【陽菜とハルナ】第四話 日常と学校

”ハルナ。昨日は遅くまで起きていたのだよな。無理はしないようにしなさい” 夏休みが終わっても、ハルナは主に使える性奴隷のままだ。 ハルナが望んでいるので当然だ。ハルナは初めての時でも血が出なかった。主に、そのことを指摘されないかドキドキしていたのだが、主は全裸のハルナを抱きしめながら笑って教えてくれた。処女でも必ず出血するわけではない事や出血や痛みは相手次第だと言うことを・・・。 ハルナはそれで安心できた。もしかしたら、処女だってことを疑われたのではないかと思っていたのだ。 主はそれも笑いながら別に処女でな…

続きを読む

2020/01/09

【陽菜とハルナ】第三話 性奴隷ハルナ

すべての動画を確認して削除していった。 倍速から数倍速で見たが、オナニーやおしっこシーンは等倍速で拡大して一緒に見た。 全部を見終わったハルナは担任の顔を覗き込むようにして話しかける。 「御主人様?」 ハルナは担任を御主人様と呼ぶ。 「ハルナ。そうだな。社会人のハルナは、私のことを御主人様と呼ぶようにしなさい」 「わかりました!」 嬉しそうにハルナが頷く。 「ハルナのことを聞いていいか?」 「はい。なんでも聞いてください!」 ハルナは抱きかかえられたまま、自分の御主人様になった担任の顔を覗き込む。 座ってい…

続きを読む

2019/11/27

【奈々の日常】第六話 告白

悠貴はインナーの裾を両手で持ち上げた。双丘が顕になる。両手は固定されているので脱がすことができないが、頭を抜いて首にインナーをまとめる。肩の部分にインナーがあるので腕の拘束が強まったことになる。 「奈々。乳首がこんなに立って淫乱な乳首だな」 「はい。奈々の乳首は淫乱な乳首です。ユウキさま」 悠貴はその言葉を聞いて片方の乳首を摘みながら乳首を舐め始めた。 奈々は声を出しながら悠貴にされることに喜びを感じていた。 悠貴は乳首を摘むのを辞めて、乳首を舐めながらストッキングを脱がし始める。 脱がしたことで一気にもら…

続きを読む
広告

2017/04/23

【アカリの妄想日記】学校での日常(後編)

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 学校での日常(後編) アカリは、部活の為に、体育館に向かっている。 部活の卓球は見た目以上に動きが有るので、ノーパンで動くとスパッツにマンコが擦れてしまっている。 パンツを履いていないだけで、こん…

続きを読む

2017/04/13

【アカリの妄想日記】先生の家で

アカリの妄想を現実に・・・ アカリは、些細な事から先生の命令に逆らえない状況になってしまった。 些細なきっかけは、誰にでも起こることではない。 こんな妄想をしていたとしても、実際にやろうとは思わないだろう。でも、アカリは違った妄想をしていた事を実行にうつしてしまった。 そこから性奴隷としての生活が始まるのだった。 先生の家で アカリは、先生の家に足を踏み入れた。 小奇麗にしている家は、先生一人で住んでいると言っていた。別に彼女が居ても不思議じゃなかったが、玄関にも先生の靴しかなかった事を、アカリは確認してい…

続きを読む

2017/03/09

【エロ小説】享楽の淵

貴子はちょっと変わった経緯を持っていた。 彼氏にマンコを馬鹿にされセックス出来ないのは自分が悪いんじゃないのかと考えてしまっていた。そんな貴子がたどり着いたのは、性奴隷としてご主人様に使ってもらう事だった。 そこに産まれた歪な感情の行き着く先は誰にも解らない。 http://novel18.syosetu.com/n6776dn/

続きを読む
広告