真悠

2020/02/23

【涙の行方】奇妙な共同生活

3人の奇妙な共同生活が始まった。 みきと祥子は、約束通り引っ越してきた。本人達に取っ手もマイナスは無いはずですからね。 話を少し戻そう、部屋割りを決めるときに、1階にある和室が私が使うこと。二人とも、私の許しが無ければ、その部屋には足を踏み入れない事を約束させた。別に入っても問題ないが、けじめが必要だと言うことでそうした。みきは、少し不満だったようだが、祥子の手前文句の言葉を飲み込んだ。 後、1階にはリビングが一部屋と続きになっているキッチンがある。ここは、共有スペースとした。元々、TV や コンポなどをお…

続きを読む

2020/02/19

【二人だけの時間】まゆとの情事2

あれから暫く経ったが、まゆがまたあってもいいかなぁっと言ってきた。 今日はこの前と違う切り口から始まった。まゆに送った一通のメールから始まった。 「久しぶり。最近どう?」 「日記読みました。拘束具やおもちゃは誰に使うのですか?」 「ん?」 「あぁまゆが気にする事じゃぁないでしょ」 「気になるのです。」 「そうかぁでも気にしない」 「うぅぅぅ」 「そうだ新しいおもちゃが有るんだけどまゆで試していい? 挿入が前提になるけどね」 「どんなの?」そう言ってきたので、おもちゃを写メでまゆに送った 「いいよ」そう言う返…

続きを読む

2020/02/19

【二人だけの時間】まゆとの情事1

僕は、お茶の水の聖橋口に急いだ。そう、1時間位前になるが、「今から行って大丈夫?」 まゆ からそんなメールが入った。 勿論、僕は まゆ に会ってみたいと言う感情が強いから OK を出した。それが、1時間位前になる。 まゆ との待ち合わせ場所に急いだ、 まゆ はまだ来ていないようだったので、新お茶液に降りる階段の所に腰掛けて待つことにした。5分・・・・10分待った時に、 まゆ が着いたことを知らせる電話が鳴った。 まゆ と言っても、 まゆ には別に彼氏さんも居るし大切な思いを持っているのは解っているが、全てを…

続きを読む
広告